0

BULL ZEICHEN 88 「僕たち、フレッシュな新人バンドです」/インタビュー1

2018年3月27日 18時00分

■BULL ZEICHEN 88/Major Debut Album『アルバム2』インタビュー(1/3)

超絶プレイも涼しい顔で決めながら、間口の広いポップ感やその対局のラウドさも武器とするバンドが、BULL ZEICHEN 88だ。ここ数年に自主制作シングルで発表した、今ではライブ代表曲でもある6曲に、新曲4曲を加えた“ベスト・オブ・ブルハチ”な『アルバム2』で3月28日に徳間ジャパンよりメジャーデビューする。メンバーのIKUOと淳士は、テクニカルなプレイや華のあるパフォームで、以前から様々なサポートで大活躍するなど有名。それにBULL ZEICHEN 88は結成から今年で12年目、ロックシーンで知られている。本人達曰くフレッシュな新人らしいが、そう呼ぶには程遠いキャリアも実力も兼ね備えたポッと出がここに。
(取材・文/長谷川幸信)

やっぱ全員で飛び跳ねながら盛り上がりたいですよね。ロックバンドですから。

――結成から12年目でメジャーデビューという、プロセスとしては他ではあまり聞いたことがないバンドですが(笑)。

淳士:でも下積み感もないし、自分達でも苦節12年というニュアンスで受け止めているわけでもなくて。ホントに自分達のペースで、のらりくらりとやってきた。そもそも、それが狙いだったんですけどね(笑)。ギクシャクしてすぐ解散とかになるのはつまんないから、とにかく自分達のホームとして長く続けたいと。

関連キーワード

「BULL ZEICHEN 88 「僕たち、フレッシュな新人バンドです」/インタビュー1」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!