0

高橋優 『プライド』発売 「自分のスタンスで詞を書き、一番楽しいスタイルで曲を作る」/インタビュー1

2018年6月4日 19時00分
 
撮影/キムラタカヒロ

■高橋優/シングル『プライド』インタビュー(1/3)

合計で8万人を動員した『高橋優 LIVE TOUR 2017-2018「ROAD MOVIE」』を今年4月に終わらせた高橋優。そのツアー中に作詞や作曲を手がけていた楽曲などを収めた19枚目となるシングル『プライド』を5月30日に発表する。表題曲はNHK Eテレアニメ『メジャーセカンド』のエンディングテーマでもあり、すでに耳にしているファンも多いはず。カップリングも含め、今回のシングル制作に関してはもちろん、ツアーのこと、そして9月に行なう『秋田CARAVAN MUSIC FES 2018』への意気込みなども聞いた。
(取材・文/長谷川幸信)

ツアー中に作ったからこそ出てきた、投げかける言葉

――優くんにとって最大規模になった『高橋優 LIVE TOUR 2017-2018「ROAD MOVIE」』を成功させました。その手応えや、未だに覚えている強烈な出来事などはありますか?

高橋:手応えはもちろんあったし、ツアー中の自分の日々というのはある程度、ずっと張り詰め続けていて。その張り詰めていたものが緩むことなくこのままいきたいなって。このツアーが終わったから一段落している気持ちと、ツアーがあったからこそ、上乗せでもっと自分に課せられるものがいっぱいあるなと思っていますね。ツアー中の強烈な思い出に関しては、バンドのメンバーと温泉に入る機会が多かったんですよ。

関連キーワード

「高橋優 『プライド』発売 「自分のスタンスで詞を書き、一番楽しいスタイルで曲を作る」/インタビュー1」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!