今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

高木三四郎に遂に質問「飯伏幸太はWWEに行くのか?」

2016年7月28日 11時00分 ライター情報:寺西ジャジューカ
今回で3日目を迎える、DDT・高木三四郎インタビュー。はっきり言って、今回は山場です。必見です。みんなが聞きたいことを集中して聞いてしまっているし、高木大社長が一番伝えたいことがこの日のテキストに詰まってるから。ご覧ください。
PART1 PART2

「WWEには勝てない。勝とうとしちゃいけない」


――今回のWWE日本公演は「中邑真輔、凱旋!」という意味合いがすごく大きいと思うんですけど、実態としてはいわゆる“引き抜き”という話だったと思います。これって、高木さんは経営者としてどうお考えですか?
高木 そもそもこれには背景があって、「WWEネットワーク」という動画配信サービスをWWEは持ってるんですよ。日本の場合はテレビ局が映像を作り、そこから放映権料をもらってプロレス団体は成立してた。でも、WWEは最初から映像のセクションを持ってて、自社で制作した映像をテレビ局に販売していたんですね。そして今は、WWEネットワークで「24時間、いつでもWWEの試合を観ることができます」と打ち出しているんです。WWEには映像ストックがふんだんにあるので。で、今のWWEネットワークには会員が何万人もいるわけですよ(注:2016年4月現在で約182万人)。あのサービスは、月額が9ドル99セント。約1,000円くらいだと換算すると、18億ものお金が何もしなくても毎月入ってきます。これは大きい。かつてのWWEは「ロウが2.9%だ」とか「スマックダウンの視聴率が3%を切った」って、ケーブルテレビの視聴率を気にしていました。でも、今は加入者数を増やすことに専念しています。ただ、アメリカ国内のファンのパイはもう決まっちゃってる。だからアメリカ以外のパイ、海外の選手に食指を伸ばしにいく。土壌は、もう出来上がっていますから。世界中のプロレスラーの頂点はWWEで、みんなの中に「WWEに上がりたい」という意識ができているので、その辺は簡単。「ウチに上がんない?」「わかりました」みたいな。その流れは脅威と言うより、正直な話、もう無理ッスよね。
――止めることはできないと。
高木 止めることはできないし、勝てない。
――WWEには魅力もあるし、金銭的な面でも太刀打ちできないし。
高木 いや、と言うよりもハッキリと勝てないですよ、絶対に。だから、勝とうとしちゃいけないと思います(笑)。
――なるほど(笑)。
高木 呼ばれたら、行きたい奴は行けばいいと思うし。

ライター情報

寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行と篠田麻里子が好きです。ブライアン・ジョーンズと菅井きんと誕生日が一緒。

URL:Facebook

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!