今注目のアプリ、書籍をレビュー

6

原作と脚本が見事にマッチングした正月時代劇「風雲児たち〜蘭学革命篇〜」続編が観たくてたまらないぞ

2018年1月2日 10時00分 ライター情報:近藤正高
元日にNHK総合で放送された、みなもと太郎原作・三谷幸喜脚本の正月時代劇「風雲児たち~蘭学革命(れぼりゅうし)篇~」は期待にたがわず、多くのファンを持つ原作マンガのテイストを削ぐことなく、それでいて三谷独自の味つけもたっぷりとほどこされ、原作と脚本が見事にマッチングしていた。
ぴあMOOK『蘭学事始ぴあ』。正月時代劇「風雲児たち~蘭学革命篇~」の放送にあたり、ドラマの内容のほか、登場人物たちの業績やエピソード、ゆかりの地などを詳しく解説したガイドブック

今回のドラマには原作から変更されたところも多々あった。なかでも一番大きな違いは、「時間の幅」だろう。劇中で描かれていたように、前野良沢(片岡愛之助)と杉田玄白(新納慎也)は、オランダの医学書の翻訳作業中、何度となく対立を繰り返したあげく、良沢が『解体新書』刊行(1774年)に際して自分の名前を外すよう申し入れたことで決裂してしまう。

原作との違いは、その後、両者が和解にいたった時期だ。原作では、できあがった『解体新書』が玄白から直接良沢に渡され、そこで和解する。これに対し、今回のドラマでは、『解体新書』が世に出たあとも、良沢と玄白はわだかまりをずっとひきずり続ける。それがようやく溶けたのは、それから18年もあと、玄白の還暦とともに良沢の古希を弟子たちが祝う会においてだった。そのシーンは、それまでに経た歳月の分だけ重みを感じさせるものであった。

キャラの立った人物が続々と登場


原作との違いは、良沢の家族の描き方などにも読み取れた。ドラマでは、原作のなかで頻繁に登場していた次女の峰子(岸井ゆきの)ばかりでなく、長女の富士子(中島亜梨沙)、妻のたま子(たまの正しい字は「王」に「民」。長野里美)にも物語上、重要な役割が与えられていた。このうち富士子は若くして亡くなるが、その日も良沢は玄白たちと翻訳作業に打ち込み、一晩だけでも富士子のそばにいてほしいという妻の申し入れも聞こうとしない。翻訳を完成させることこそ、亡くした娘への何よりの手向けという良沢の思いがより伝わってくる脚色だった。その後、良沢が玄白と和解するにあたっても、たま子は病床にあって夫を後押しする大切な役を担うことになる。

良沢の家族以外にも、登場する人物にはそれぞれ三谷幸喜なりの解釈でキャラクターが明確に設定されていた。たとえば、桂川甫周(迫田孝也)は、幕府奥医師・桂川甫三(中原丈雄)の息子であることから、ボンボンらしいのんきな性格が強調された。甫周は玄白に連れられて翻訳作業に参加したものの、当初は、原本となる『ターヘル・アナトミア』に載った女性の裸体像を興奮して眺めるばかりで、まるで役に立たない……と思いきや、そのスケベ心が意外な発想をもたらし、作業に貢献することになる。

ライター情報

近藤正高

ライター。1976年生まれ。エキレビ!では歴史・科学からドラマ・アイドルまで手広く執筆。著書に『タモリと戦後ニッポン』(講談社現代新書)など。愛知県在住。

URL:Culture Vulture

「原作と脚本が見事にマッチングした正月時代劇「風雲児たち〜蘭学革命篇〜」続編が観たくてたまらないぞ」のコメント一覧 6

  • 匿名さん 通報

    >いずれスピンオフというか、源内はじめほかの風雲児たちを主人公に据えた続編も観たくなった。 全く同感.源内の最期なんかは山本で是非見てみたい 「天下御免」も懐かしいなぁ~

    19
  • 匿名さん 通報

    山本耕史さんの平賀源内、主役で視たくなった。

    13
  • 匿名さん 通報

    山本耕史さんでの平賀源内、主役で視たくなったドラマでした。

    11
  • ニワカ 通報

    >>「フルヘッヘンド」 アレ? 原作にちゃんと出てきましたよね? 本文にはその単語は出てこないって件も。 「風雲児たち」は原作が本当に面白くて深いので、もっと沢山の人に読んでほしい作品です!

    4
  • 匿名さん 通報

    続編は高山彦九郎バージョンにしてほしい。

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!