ヤングジャンプが読めるのは?最新号も楽しめるアプリを徹底解説!

ヤングジャンプ好きの方の中にも、スマホでヤングジャンプの作品を読みたいと思っている方もいるのではないでしょうか?

今回の記事では、ヤングジャンプファンの方のために、ヤングジャンプが読めるアプリにフォーカスし、どのようなアプリかを紹介します。

ぜひ最後までご覧いただき、往年の名作から話題作までヤングジャンプの誇る幅広いジャンルを味わいましょう。

ヤングジャンプとは?

「週刊ヤングジャンプ」は、1979年に、月2回刊誌「ヤングジャンプ」として誕生し、1981年に週刊化された集英社が発行する週刊青年漫画雑誌です。

毎週木曜日に発売されており、「ヤンジャン」や「YJ」の愛称で親しまれています。

ヤングジャンプは、多岐にわたる魅力的な作品を提供しています。たとえば、「サラリーマン金太郎(1994年)」「GANTZ(2000年)」、現在も続く「キングダム(2006年)」、「リアル(1999年)」など、数々の代表作があります。

週刊少年ジャンプとは同じジャンプ系列の雑誌であるにも関わらず、編集部同士の交流はほとんどないというエピソードも。

元・週刊少年ジャンプ編集長の話によれば、「週刊少年ジャンプと週刊ヤングジャンプは、集英社内ではライバル関係であり、基本的に互いの編集方針や宣伝には関与しない」とのことです。

ヤングジャンプが読める電子書籍・アプリ10選

ヤングジャンプを手軽に楽しめる電子書籍やアプリはさまざまです。

漫画ファンにとって、いつでもどこでも愛読中の作品を読めるのは嬉しいですよね。

ここからはヤングジャンプが読めるおすすめの電子書籍やアプリを紹介いたします。それぞれの特徴や使いやすさなどを解説しますので、どれを選ぶか迷っている方はぜひ参考にしてください。

ヤンジャン!

ヤングジャンプ最新話を最速で楽しめるアプリで、集英社の青年漫画が1,200冊もそろっています。スマホやタブレットを使って手軽に読めるだけでなく、最新話が発売日に読める特典もあるのです。

ヤンジャン!では、1日に複数の作品を一話ずつ読むことができ、23時間待つごとに1話読み進められる仕組みなので、同時進行でさまざまな作品を楽しみたい方にとって十分に楽しめるサービスが提供されています。

無料作品の中には「キングダム」「ゴールデンカムイ」「かぐや様は告らせたい」「東京喰種:re」などの人気作も含まれています。さらに、アプリ内で購入したゴールドを使用してコミックスを購入することもでき、一度購入したコミックスは紙媒体のように何度でもアプリで読み返すことができます。

このようにヤンジャン!は、集英社の作品好きの方にはおすすめのアプリです。

ヤングジャンプ定期購読デジタル

ヤングジャンプ定期購読デジタルは、月額1,300円(税込)で提供される特別なサービスです。これに登録すると、どの月に申し込んだかに関わらず、毎週発売される「週刊ヤングジャンプ」の全てを自由にお楽しみいただけます。

さらに、申し込み月から一年前の同月までのバックナンバーも読み放題です。つまり、過去一年分の名場面や何度でも読みたいストーリーにいつでもアクセスできるということ。

週刊ヤングジャンプの熱心なファンなら、過去の名作やお気に入りのエピソードを振り返るのも楽しみの一つでしょう。過去の名場面や思い出に浸りながら、ヤングジャンプの魅力にどっぷりと浸ってみませんか?

ヤングジャンプ定期購読デジタルを通じて、あなたの漫画ライフがより豊かで楽しいものになること間違いありません。

Kindleストア

Amazon.co.jpが運営している電子書籍ストアである「Kindleストア」では、日本文学や雑誌、漫画、外国語の書籍など、さまざまなジャンルの電子書籍が販売されています。

定期的にセールが開催されており、「Kindle日替わりセール」や「Kindle週替わりセール」など、さまざまなセールは見逃せません。もちろんヤングジャンプも紙媒体より安く手に入れられるチャンスがあります。

さらに、「Kindle Unlimited」という読み放題サービスはご存知でしょうか。

月額980円(税込)の料金で、和書12万冊以上、洋書120万冊以上の電子書籍を読み放題で利用できます。

対象の本や雑誌はサイト内で「Kindle Unlimited」のマークがついていますので、利用者は簡単に見つけることができます。小説やビジネス書、漫画や雑誌など、幅広いジャンルを楽しみたい方はぜひお試しください。

ピッコマ

「待てば0円」というフレーズで有名になったピッコマは、多様なジャンルの漫画が用意されており、ヤングジャンプのような青年漫画だけでなく、恋愛やホラー・ミステリー、ファンタジーなど、幅広い作品が無料で楽しめます。

ピッコマの特徴である「待てば0円」は、一作品を読むと、23時間後にその作品の続きを無料で読むことができるシステムです。

約36,000作品が待てば無料で読めるので、一日一作品に限らず、複数の作品を読んでから23時間後には全ての漫画で次の話に進むことができるのです。

結果として飽きることなくたくさんの作品を楽しむことができ、漫画好きにとっては非常に魅力的なサービスといえます。

まんが王国

まんが王国は、無料漫画・電子コミックが10,000冊以上そろっており、お得感No.1のサービスです。

会員登録やアプリのダウンロードが必要なく、すぐに読むことができるのが嬉しいポイント。すぐに期間限定無料漫画や完結作品、新刊まで幅広く楽しむことができます。

さらに、試し読みがほとんどの漫画で利用できるため、購入前に内容を確認できるのも安心ですよね。

特定の作品や作者を取り上げたキャンペーンも頻繁に開催されているため、とにかくたくさんの漫画を読みたい方におすすめのアプリです。

また、まんが王国はポイントの返還率の高さも人気の理由です。
「ポイント購入時の還元」と「ポイント利用時の還元」があり、返還率は期間限定のキャンペーン時には最大で80%に達することもあり、読者にとって非常に魅力的です。

コミックシーモア

コミックシーモアは、業界最大級の品揃えが売りです。

ヤングジャンプで連載中の作品はもちろん、117万冊以上のコミックがそろっており、無料試し読みや一巻まるごと無料の漫画も充実しているので、とにかくたくさんの作品を楽しむことができます。

漫画のジャンルもBLやTLなど幅広くそろっており、たくさんの漫画を読みたい人にぴったりなサービスです。また、コミックシーモアでは都度購入するだけでなく、月額コースや読み放題、レンタルなど、自分に合ったプランを選ぶことができます。

料金については、毎月780円(税込)からの定額コースがあり、コースに登録すると、「シーモア読み放題」というサービスが利用可能です。

読み放題には、「読み放題ライト」と「読み放題フル」の2つの定額コースがあるので、1日に読める制限を気にせず、たくさんの作品を楽しみたい方は読み放題がおすすめです。

dブック

dブックは、dアカウントがあれば誰でも利用できるサービスです。スマホ、タブレット、PCで利用可能で、読み放題ではなく欲しい書籍だけを購入するタイプです。

ただし、無料や割引書籍も多数あり、約64万冊のコミック、小説、雑誌、写真集、実用書など多彩なジャンルから買うことができます。

書籍数は多いのですが、作家名や書籍名はもちろん、ランキングや雑誌、出版社名でも簡単に検索できるので、ユーザビリティが良いのもdブックの特徴。

さらに特筆すべきは、dブックを利用することでdポイントを貯められる点です。dポイントはドコモユーザーだけでなく、他社ユーザーでも利用可能なので、書籍を購入するだけでさまざまな買い物がお得になります。

BOOK☆WALKER

BOOK☆WALKERは、KADOKAWAが運営する電子書籍ストアで、初回購入時には合計金額の50%に相当するコインが還元されます。

コインを使えばヤングジャンプを半額で購入することができます。ただし、ヤングジャンプのバックナンバーは最新号を含めて12冊までで、過去号は配信が終了することがありますのでご注意ください。

さらに、BOOK☆WALKERでは「まる読み10分」で、毎日ラノベが10分間だけ読み放題というサービスもあるため、漫画雑誌だけでなくラノベも読みたい方、KADOKAWAの世界観が好きな方におすすめのストアです。

ebookjapan

ebookjapanの最大の特徴は、膨大な漫画ラインナップです。100万冊以上の中には、知名度の高い作品からマニアックな作品まで幅広く取りそろえられています。

「鬼滅の刃」「進撃の巨人」「ワンピース」「約束のネバーランド」「キングダム」など、一般的に有名な作品だけでなく、他のストアではなかなか見つからないような漫画も豊富にあります。

ジャンルも青年漫画から少年漫画、女性漫画、少女漫画、BL、TL、アダルトまで幅広く、漫画好きは飽きることなく楽しむことが可能です。

また、ebookjapanは会員登録をしなくても、無料で漫画を試し読みできるのも魅力の一つです。ほとんどの作品で数ページの試し読みが可能なので、購入前に中身を確認できるのも嬉しいポイントですよね。

さらに、Yahoo!プレミアム会員の方には特典もあります。

常時PayPayボーナスライトが1%分つき、毎週金曜日は13%分のPayPayボーナスライトが付与されるため、セールやクーポンを活用することで通常よりも安く書籍が手に入ります。

そのため、ebookjapanはYahoo!プレミアム会員の方にとって特におすすめのアプリといえます。

ブックライブ

JR東日本のコンテンツ配信サービス「noricon」から利用可能になった、株式会社BookLiveが運営する総合電子書籍ストアです。

人気の連載漫画や雑誌なども充実しており、会員登録不要で試し読みができるので、購入前に確認できるのはユーザーにとって嬉しいポイント。

さらに、ブックライブではTポイントを利用することもできます。会員ランクによって付与率は変動しますが、書籍を購入するたびにTポイントが貯まるので、他のお買い物がお得になります。

ほかにも、最大3%還元やまとめ買いキャンペーンなど、Tポイントを貯めてお得に書籍を購入できる特典も用意されているので、Tポイントをお得に活用したい方にはおすすめのサービスです。

ヤングジャンプを電子書籍で読むメリットは?

電子書籍は紙のコミックと比較して多くのメリットが存在します。当然ながらヤングジャンプも電子書籍で手軽に楽しむことは可能です。

ここでは、デジタルならではの特徴にフォーカスし、電子書籍でヤングジャンプを楽しむメリットを紹介します。

紙媒体より安く読める

電子書籍は印刷や物流などの生産コストが発生しないため、出版社がこれらのコストを削減できます。その結果、ヤングジャンプも紙媒体の場合450円(税込)しますが、電子書籍だと400円(税込)なので安く購入できるのです。

読者は同じ作品をよりリーズナブルな価格で入手できるため、経済的なメリットが生まれますよね。

さらに、電子書籍ストアではキャンペーンやセールが頻繁に行われます。会員特典やポイント制度なども導入されているため、これらを活用することでコストをさらに抑えることが可能です。つまり、電子書籍は紙のコミックに比べてコストパフォーマンスが高く、読者にとって経済的な魅力満載といえます。

最新号の発売日0時にすぐ読めるサービスもある

ヤングジャンプの発売日は通常毎週木曜日ですが、電子書籍アプリでは水曜日から木曜日に変わる深夜0時に最新号が配信されることがあります

そのため、電子書籍の利用者は最速でヤングジャンプの最新号を入手できるのです。

通常の発売日よりも前倒しでアクセス可能なため、漫画ファンは気になる新作を最速で楽しむことができます。いち早く最新話に触れることで、SNSや仲間内で感想を共有しあい、話題作のネタバレを楽しむこともできますよ。

場所を取らない

電子書籍は、デジタルで提供されることにより、膨大な数の書籍を一つのデバイスに保存できます。本棚の活用や紙の本を持ち歩く場合と比べて、電子書籍はスペースを全く取らないことが大きな利点です。

特に多くの漫画を読みたい方にとって電子書籍は、利用する価値は十分にあります。

さらに、旅行や通勤時など、いつでも好きな作品にアクセスできるというメリットが顕著に現れます。重たい本や複数の本を持ち歩く必要がないため、荷物が軽減され、移動中でも軽快に読書を楽しむことができるのです。

このように紙の本では不可能だった多くの書籍を一つのデバイスに収め、その場で好きな作品を選んで楽しむことができることで、漫画を楽しむ世界は大きくアップデートされたといえます。

ヤングジャンプを電子書籍で読むデメリットとは?

すでにお伝えしたとおり、ヤングジャンプを電子書籍で楽しむことには多くのメリットがありますが、同時にデメリットも考慮しなくてはなりません。

続いては、電子書籍でヤングジャンプを読む際に生じるデメリットについて解説します。

単行本が発売日前には読めない

電子書籍は紙媒体が発売されてから一定の期間が経過してから提供されることが多いです。

たとえば、今愛読している「推しの子」の最新刊が紙媒体で2023年の5月1日に発売されたと仮定します。しかし、電子書籍版が読めるのは発売日から数週間または数か月後かもしれません。

紙媒体の読者は発売日に最新号を手に入れて楽しめますが、電子書籍ユーザーは発売後に利用可能になるため、同じタイミングで最新話にふれることはできません。

この待ち時間をストレスに感じる方は、我慢できずに紙媒体の購入を選ぶケースもあります。

文字や絵が小さい

電子書籍の閲覧では、通常デバイスの画面サイズによって文字や絵が印刷物よりも小さく表示されます。たとえば、スマホや小型の電子書籍リーダーを使用している場合、紙媒体と比べてディスプレイが小さいため、文字やイラストが細かく表示されます。

結果として、一部の読者にとっては長時間の閲覧においてストレスになるでしょう。

しかし、多くの電子書籍リーダーでは拡大縮小が可能であり、ユーザーは自身の好みに合わせて表示サイズが調整可能です。また、大きなタブレットや専用の電子書籍リーダーを使用することで、文字や絵を十分な大きさで表示し、快適に読書を進められます。

ストレスなく作品を読み進めるためにも、適切な方法を選びましょう。

懸賞には応募ができない

電子書籍を利用している際、紙の雑誌で案内される懸賞やプレゼント企画への応募が難しくなります。多くの紙雑誌では応募券やQRコードが付属しており、これを利用して簡単に応募手続きができます。

しかし、電子書籍版ではこれらの物理的な要素を再現することが難しく、読者は懸賞に参加できないことが多いです、

そのため、どうしても気になる懸賞がある場合は、紙媒体の購入がおすすめです。

最新話が見逃せないヤングジャンプ連載中の人気作品

ヤングジャンプは、数々の人気連載作品を抱える雑誌として知られています。その中でも特に注目されているのが、最新話が見逃せない人気作品たち。

読者を魅了し続けるストーリー展開やキャラクター、独自の世界観など魅力には定評があります。最後にそんなヤングジャンプ連載中の人気作品をご紹介します。

推しの子

出典:アニメ『【推しの子】』公式サイト

新しい切り口で芸能界を描く、サスペンス要素満載の人気漫画です。物語の冒頭で主人公である産婦人科医ゴローが何者かによって殺され、その後、推しのアイドルである星野アイの双子の子供として転生します。

アイドルでありながら、妊娠・出産を経験したアイはリョースケと呼ばれるファンの男性に刺されて亡くなってしまうというショッキングなスタートから転生したふたりのアイドルが芸能界を生きていく作品です。

推しの子はAmazonと東映の共同プロジェクトで、2024年冬にはドラマシリーズがAmazonのPrime Videoで世界独占配信され、映画も東映配給で劇場公開される予定です。

アニメ化もすでにされており、2023年4月から6月まで放送され、続編である2期の制作も決定、2024年に放送予定です。これを機に原作と映像作品の両方をお楽しみください。

キングダム

紀元前の古代中国、春秋戦国時代の秦国が舞台となる壮大な歴史大河漫画です。

物語は身寄りのない戦争孤児の少年・信が、後の始皇帝となるえい政と運命の出会いを果たし、「天下の大将軍」という夢を胸に戦場に繰り出してゆく姿を描いています。

なお、山崎賢人主演で実写映画化もされており、続編も決まっている話題作です。もちろんアニメ化もされており、すでに4期まで放送されましたが最終回は40巻の最終話に相当します。

これから見ようと思っている方は、41巻からスタートしても違和感なく物語を楽しむことができるのでぜひキングダムの魅力にふれてみてください。

テラフォーマーズ

テラフォーマーズは西暦2599年を舞台にしたSF作品で、火星で進化した「とある生物」を駆除するため、15人の日本人が壮絶な闘いを繰り広げる壮大な物語です。

火星のテラフォーミング(地球を形成するの意)が進行し、地表は一面、苔とある生物で覆われていました。そして、選ばれし15人の若者たちが重要な任務を果たすために有人宇宙船「バグズ2号」に搭乗し、火星へと向かいます。

未知の存在との遭遇が人間の在り方を問う作品として、多くのファンに支持されている漫画といえます。

また、2013年版の「このマンガがすごい!」オトコ編で1位を獲得し、また「全国書店員が選んだおすすめコミック2013」では2位に選ばれています。これらの結果はまさにテラフォーマーズが多くの読者に評価されている証といえるでしょう。

リアル

スラムダンクで有名な井上雄彦による感動の漫画作品です。

1999年48号から連載が開始され、2014年11月に一時休載されましたが、2019年25号から約4年半ぶりに連載が再開されています。

主人公である戸川清春を中心に、障害や車いすバスケットボールをテーマにしたストーリーが展開。戸川はかつて短距離走の有力選手でしたが、骨肉腫により右脚を失ってしまいます。しかし、車いすバスケットボールとの出会いをきっかけに、彼は挫折や困難にもめげずに前進していく姿が描かれます。

リアルは2001年に「第5回 文化庁メディア芸術祭マンガ部門」で優秀賞を受賞し、2019年11月時点で累計発行部数が1500万部を突破するなど、多くの支持を集めています。

ウマ娘 シンデレラグレイ

2020年6月11日から週刊ヤングジャンプで連載されている「ウマ娘プリティーダービー」のスピンオフ漫画作品で、Cygamesが展開するメディアミックスコンテンツ「ウマ娘 プリティーダービー」を原作とした作品です。

物語の舞台は、ウマ娘トレーニングセンター学園(通称トレセン学園)と呼ばれる競走ウマ娘の訓練施設で、主人公のオグリキャップを中心に展開されています。

個性豊かなキャラクターや白熱のレース描写、そして史実の競走馬オグリキャップの歴史をなぞるストーリーが特徴。競馬ファンだけでなくとも多くの読者を魅了しています。

となりのヤングジャンプとは?

となりのヤングジャンプとは、完全無料かつ登録不要のヤングジャンプ編集部が運営する無料Web漫画サイトです。編集部が厳選したオリジナル漫画が楽しめ、新たな才能や魅力的な作品に出会える場で、多くのユーザーが手軽にアクセスし、新しい作品の発見や漫画の世界を広げています。

また、若手作家や新進気鋭のクリエイターによる漫画を支援し、多彩なジャンルやストーリーに触れることができる場としても注目されています。

さらに、多くのユーザーに愛された「ワンパンマン」はとなりのヤングジャンプの連載第一弾です。

これからも、ヤングジャンプ愛読者はとなりのヤングジャンプを通して新たな作品や才能に出会い、楽しむことができるでしょう。

ヤンジャンを電子書籍で読むなら安全なものを選ぼう

最後に、ヤングジャンプを電子書籍で読む際の注意点を紹介します。

いずれも作者と読者の両方を守るために必要なポイントなので、しっかりおさえておきましょう。

公式の電子書籍プラットフォームや有名なオンライン書店を利用する。

信頼性の高い有名な電子書籍やオンライン書店を利用することが重要です。正規のライセンスを取得し、著作権の遵守が保証されているプラットフォームを選ぶことで、安心してヤングジャンプの作品を楽しむことができます。

無料で最後まで閲覧できるサイトは海賊版である可能性が高く、法律違反となるので絶対にやめましょう。

セキュリティ対策が整っているサービスを選ぶ。

ヤングジャンプを電子書籍で読む際には、選んだサービスがデータのセキュリティ対策が徹底されているかも大切です。

そのため、サイトがSSL化していて安全な通信手段や個人情報の暗号化が行われているかどうかも確認しましょう。結果として、読者は個人情報の漏洩を心配することなく、安心して利用できます。

まとめ

ご紹介してきた通り、ヤングジャンプは多くの電子書籍サイトで読むことができます。

利用の際に検討する材料としては、クーポンやキャンペーンでどれだけお得に読めるかであったり、最新話をどれだけ早く読むことができるかなどで判断してみてください。

タイトルとURLをコピーしました