新型コロナウイルスの報道で問われる“メディアのあり方”

新型コロナウイルスの報道で問われる“メディアのあり方”
拡大する(全4枚)

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(4月15日放送)にジャーナリストの佐々木俊尚が出演。東京都が新型コロナウイルスに感染した軽症者が一時滞在するホテルを新たに借り上げたニュースについて解説した。

新型コロナウイルスの報道で問われる“メディアのあり方”の画像はこちら >>

【新型コロナ 小池都知事会見】記者会見に臨む小池百合子都知事。記者は間隔を空けて着席した=2020年4月10日午後、東京都新宿区の東京都庁 写真提供:産経新聞社

軽症者が一時滞在するホテル~東京都が新たに2棟借り上げ

東京都は14日、新型コロナウイルスに感染した人のうち、軽症者らが一時滞在するホテルを新たに2棟借り上げた。すでに軽症者が滞在している中央区のビジネスホテル1棟に加え、約1500室が追加されることになる。

飯田)東京都が新たに借り上げるのは、23区内のシティホテルとビジネスホテル2棟で、きょう(15日)にも移送を始めるということです。

佐々木)これを始めた時点で、入院患者数は2000人に近く、医療機関にあるベッド数が2000床しかないという状況でした。そこで1500室を確保して、ぎりぎり間に合った。都庁の方とホテルの方の努力に敬服するばかりです。

飯田)時間との戦いですものね。

佐々木)医療崩壊ぎりぎりだと言われていますが、感染症治療の専門家の話をいろいろなところから聞いていると、日本の状況はアメリカ、ヨーロッパで起きているような医療崩壊ではありません。ただICUの数などが足りなくなって来ていて、ぎりぎりの状況であることは間違いないので、欧米のようにならないためには軽症者をホテルに移す必要があります。


この記事の画像

「新型コロナウイルスの報道で問われる“メディアのあり方”」の画像1 「新型コロナウイルスの報道で問われる“メディアのあり方”」の画像2 「新型コロナウイルスの報道で問われる“メディアのあり方”」の画像3 「新型コロナウイルスの報道で問われる“メディアのあり方”」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ニッポン放送 NEWS ONLINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク