BanG Dream! 派生バンド・Roselia「初めての音合わせでボロクソに言われた」

BanG Dream! 派生バンド・Roselia「初めての音合わせでボロクソに言われた」
拡大する(全3枚)

9月10日(木)深夜放送のラジオ番組『ミューコミプラス』(ニッポン放送・毎週月-木24時~)に、『BanG Dream! (バンドリ!)』プロジェクトから生まれた声優によるリアルバンド・Roseliaの工藤晴香中島由貴が出演し、初めての音合わせのときのエピソードを明かした。

BanG Dream! 派生バンド・Roselia「初めての...の画像はこちら >>

『バンドリ!』プロジェクト第2のリアルバンドで、ギターを担当する工藤晴香とベースを担当する中島由貴だが、バンドを始めたときはかなりの逆境からスタートしたという。

BanG Dream! 派生バンド・Roselia「初めての音合わせでボロクソに言われた」

吉田尚記アナウンサー:最初にRoseliaをやるってなったときはどんな心境だったんですか?

工藤:Roseliaのメンバーになることが決まって、すぐにPoppinPartyちゃんのライブを観に行ったんですけど「私たちもこれやるの……?」って感じでした

吉田:やってることが本当に多いですもんね

工藤:演奏して、早替えして、朗読もして、全部やってるじゃんって

吉田:エンターテイメントで大変なことを全部やってますよね

工藤:で、その2週間後にRoseliaで初めての音合わせがあって、ボロクソに言われるっていう

吉田:えっ!? 初めてだからこれくらい出来ればいいとか、そういうんじゃないんですか?

工藤:どれくらい出来るかっていうのを確認する、課題曲をみんなでやったんですよ。スタッフさんとか(『バンドリ!』プロジェクトの楽曲をプロデュースする)Elements Gardenの上松(範康)さんとかが来てくれてたんですけど、いざ演奏してみたら「分かってはいたけど、始めたてのPoppinPartyよりひどい」って言われました(笑)

吉田:そんなハッキリ言うの!? めちゃめちゃ逆境からのスタートだったんですね

BanG Dream! 派生バンド・Roselia「初めての音合わせでボロクソに言われた」

そんな厳しく聞こえるスタッフの言葉も、工藤と中島は「今冷静に考えると、分かってて言ったんだなと思う」と語り、Roseliaメンバーが、逆境を与えた方が燃えて頑張るのだと考えたスタッフの言葉だったことを理解したという。

radikoのタイムフリーを聴く:https://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20200911000000

この記事の画像

「BanG Dream! 派生バンド・Roselia「初めての音合わせでボロクソに言われた」」の画像1 「BanG Dream! 派生バンド・Roselia「初めての音合わせでボロクソに言われた」」の画像2 「BanG Dream! 派生バンド・Roselia「初めての音合わせでボロクソに言われた」」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

工藤晴香のプロフィールを見る
ニッポン放送 NEWS ONLINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「工藤晴香」に関する記事

「工藤晴香」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「工藤晴香」の記事

次に読みたい「工藤晴香」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク