2020年“egg流行語大賞”第1位は『やりらふぃ~』

2020年“egg流行語大賞”第1位は『やりらふぃ~』

ギャル雑誌eggによる『egg流行語大賞2020』が11月17日、発表された。

2020年“egg流行語大賞”第1位は『やりらふぃ~』の画像はこちら >>

2020年egg流行語の大半はYouTubeとTikTokから生まれた。

2014年に休刊となったギャル雑誌eggを2018年にWEBで復活、 そして令和元年に雑誌として復活させた株式会社MRAが、 egg専属モデル・egg読者モデル・eggフォロワー等、 合計5000名を対象にアンケートを実施し、 『egg流行語大賞2020』として発表。

【第10位:397】

意味:サンキューな、 ありがとね

インスタグラムのハッシュタグ等でよく使われていた言葉。 ありがとうよりももっと親しみを込めた軽い感じで使われる事が多い。 DJ集団レぺゼン地球さんの歌の歌詞内でも使った事により浸透したと言われている。 ギャル的に言うと、 したとも(親しい友達)限定で使う言葉。

【第9位:はにゃ】

意味:わからないことがあった時や、 トボける際に使う

YouTuberの丸山礼さんが演じる、 美術部部長の井上千晶がよく口にする言葉。

【第8位:~ニダ。 】

意味:語尾に『ニダ。 』をつける事によって韓国語化させる

TikTokでなんでも飴にすることでバズったショーリンくんが動画で『~ニダ』を使いだした事により広まった言葉。

【第7位:~てり。 】

意味:『る』を『り』に言い変えて、 可愛らしい響きの言葉に変える

■使用例
A:何してり?
B:ご飯食べてり

【第6位:飛ぶぞ】


当時の記事を読む

ニッポン放送 NEWS ONLINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月17日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。