「円安」が日本にとって有利である「理由」 高橋洋一が解説 
拡大する(全3枚)

数量政策学者の高橋洋一が6月14日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。東京市場での円・株・債券のトリプル安について解説した。

「円安」が日本にとって有利である「理由」 高橋洋一が解説 の画像はこちら >>

円相場が1ドル135円台に突入、20年ぶり円安水準を更新した=2022年6月13日午後、東京都港区 写真提供:産経新聞社

円相場、1ドル=134円40銭付近で取引

6月13日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価は先週末と比べて876ドル05セント安い3万516ドル74セントで取引を終えた。ハイテク銘柄中心のナスダック総合指数は530.79ポイント下がって10809.23。一方、円相場は1ドル=134円40銭付近で取引されている。

飯田)アメリカの場合は、インフレ率をどうするかということが政策課題になってきているのですか?

高橋)全体で8%くらいですからね。下がると思っていたら、5月に少し上がってしまった。

円安になるとGDPが上がり、日本にとっては有利なこと

高橋)日本で「円安」と盛んに言うではないですか。報道を見ると「とても悪いことなのか」と思いますが、ファクトとしては、円安になると実質国内総生産(GDP)は上がるのです。自国通貨安は自分の国には有利であり、他の国には不利ということで、「近隣窮乏化」などという言い方をします。近隣窮乏化というのは、周りの人には迷惑な話であるということです。

飯田)周りの国にとっては。

高橋)日本国内で批判が出るということが、私は不思議ですね。普通は海外から批判が出るのです。「日本だけがよくて、他の国は大変だよ」という文句が来るのです。


この記事の画像

「「円安」が日本にとって有利である「理由」 高橋洋一が解説 」の画像1 「「円安」が日本にとって有利である「理由」 高橋洋一が解説 」の画像2 「「円安」が日本にとって有利である「理由」 高橋洋一が解説 」の画像3