声優・戸松遥、事務所に指摘されるまで訛りに気づかず「名古屋弁は“自称”標準語ですから」

声優・戸松遥、事務所に指摘されるまで訛りに気づかず「名古屋弁は“自称”標準語ですから」
拡大する(全1枚)

6月6日(木)深夜放送のラジオ番組『ミューコミプラス』(ニッポン放送・毎週月−木24時~)に声優の戸松遥が出演し、声優になったばかりの頃に、自身の方言を直すのに苦労した過去について語った。

声優・戸松遥、事務所に指摘されるまで訛りに気づかず「名古屋弁...の画像はこちら >>

コミック『八十亀ちゃんかんさつにっき 6巻 特装版』(REXコミックス)同梱のCDに収録されている楽曲『DELUXE DELUXE HAPPY』を、5月27日にリリースした戸松。現在放送されているTVアニメ版の『八十亀ちゃんかんさつにっき』では、名古屋弁のヒロイン・八十亀最中を演じている戸松だが、自身も愛知県出身という話から、東京で仕事を始めた当時のことを振り返った。

吉田尚記アナウンサー:名古屋の人は、自分ではそんなに訛っていないと感じてる?

戸松:“自称” 標準語ですから。私も最初は自分が訛っていることに気づかなくて、「私は訛ってない!」と言い張っていました

吉田:方言を直されることはそんなになかったの?

戸松:めっちゃありましたよ! 事務所に入ってすぐマネージャーさんに「1年間で徹底的に直すから」と言われて。その時は新幹線で地元から(東京まで)通っていたので、帰っちゃうと訛りが戻ってしまって、大変でした

吉田:名古屋弁で一番好きな言葉はありますか?

戸松:名古屋は擬音が独特で、「ときんときん」(尖っている、の意)とか、「しゃびしゃび(水で薄まっている、という意味)のカレー」とか言うんですよ。そういうのが好きです


編集部おすすめ

当時の記事を読む

戸松遥のプロフィールを見る
ニッポン放送 NEWS ONLINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「戸松遥」に関する記事

「戸松遥」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「戸松遥」の記事

次に読みたい「戸松遥」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク