「あたしとエッチしたいだけ?」「いや、君のすべてが好きだ」なんて押し問答をする前に読んでおきたい!~もしもソクラテスに口説かれたら~

「あたしとエッチしたいだけ?」「いや、君のすべてが好きだ」なんて押し問答をする前に読んでおきたい!~もしもソクラテスに口説かれたら~
「私はあなたの顔も性格も嫌いですが、あなた自身を愛しています」

もしこんな風に口説かれたとしたら、あなたは嬉しいですか? 嬉しくないなら、なぜなのでしょうか?

実はこの挑戦的な口説き文句は、今から2500年前に、古代ギリシアの大哲学者「ソクラテス」が考えたものです。

ソクラテスの言い分が正しいかどうかを判断するのはとても難しくて、それを考えたのが今回ご紹介したい『もしもソクラテスに口説かれたら―愛について・自己について(双書哲学塾)』(土屋賢二/岩波書店)という本です。

女子大で哲学の教授をしている著者が、哲学初心者の学生を相手に、この口説き文句が有効かどうかを議論している様子が描かれているのですが、読んでいると思わぬ迷宮の世界に引きずり込まれます。

人を「愛する」ということは、一体どういうことなのでしょう?

今回は哲学者ソクラテスの世界を、ほんの少しだけ、のぞいてみたいと思います。



※土屋賢二 『もしもソクラテスに口説かれたら―愛について・自己について(双書哲学塾)』(岩波書店)2007年

僕は君の「魂」を恋する者だ私の場合、好きな人には顔と中身、両方を好きになってほしいと思います。

君の「顔」が好きなんだ、他はどうでも良い! と言われるのは嫌だし、「財産」(ないけど)や「学歴」(ないけど)だけが魅力的だ! と言われると、悲しくなります。

しかし、ソクラテスの口説き文句はそのどちらでもないのですね。

普通は口説くとき「君は美しい」とか「君の瞳がどうのこうの」とか言うと思うのですが、彼の場合だと「君の瞳がどうなっていようと、瞳なんてなかろうと、もっと言うと、顔や姿なんて見えなくても良いよ! メールだけのやり取りでも良い。僕は君の“魂”を愛しているのだから!」という解釈ができるわけです。

あわせて読みたい

ANGIEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年4月27日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。