黒子のバスケ』アニメ10周年プロジェクトのスタートを記念して、黒子テツヤ役の小野賢章と火神大我役の小野友樹による対談が実施された。10年経っても色褪せることのない、ふたりの『黒子のバスケ』への熱い想いが感じられる対談となった。

『黒子のバスケ』の原作は、2009年から2014年まで「週刊少年ジャンプ」にて連載され、コミックスの累計発行部数は3,000万部を突破している、藤巻忠俊によるバスケットボールマンガだ。
2012年4月よりTVアニメ第1期が放送され、主人公の黒子を始めとした個性豊かなキャラクターたちの魅力と、迫力あるバスケシーンの描写が話題となり、人気に火が付いた。その後、2013年10月より第2期、2015年1月より第3期が放送。原作の最終話までを丁寧に描き切った。

さらに、2016年には劇場版プロジェクトが始動。新作の公開に先駆け、TVシリーズを再編集した『ウインターカップ総集編』全3本が、それぞれ2週間限定でイベント上映された。
そして2017年3月に、完全新作となる『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』が公開。原作の続編『黒子のバスケ EXTRA GAME』を映像化し、さらに原作者自らが映画のために描き下ろした追加エピソードも話題を呼び、興行収入は累計10億円を記録する大ヒットとなった。
劇場版の公開終了後もその人気は衰えることなく、新規グッズ展開、各種コラボ、劇場版の周年上映などが続く。公式Twitterのフォロワー数は21年末、10周年プロジェクト発表を待たずに30万人を突破した。

この記事の画像

「「黒子のバスケ」小野賢章&小野友樹が対談!“収録時の思い出は?” アニメ10周年プロジェクト」の画像1 「「黒子のバスケ」小野賢章&小野友樹が対談!“収録時の思い出は?” アニメ10周年プロジェクト」の画像2 「「黒子のバスケ」小野賢章&小野友樹が対談!“収録時の思い出は?” アニメ10周年プロジェクト」の画像3 「「黒子のバスケ」小野賢章&小野友樹が対談!“収録時の思い出は?” アニメ10周年プロジェクト」の画像4
「「黒子のバスケ」小野賢章&小野友樹が対談!“収録時の思い出は?” アニメ10周年プロジェクト」の画像5