妖狐×僕SS』の作品生誕15周年を記念する展覧会「15周年記念 妖狐×僕SS・藤原ここあ展」の東京会場が、6月12日より松屋銀座8階イベントスクエアにて開幕した。その開幕イベントには、TVアニメ『妖狐×僕SS』にて白鬼院凜々蝶役を演じた日高里菜、雪小路野ばら役を演じた日笠陽子が参加。
展示内容や展覧会の魅力を語った。

一般公開に先立って展覧会を観覧し、日高は「入った瞬間から「いぬぼく」のことが大好きな方々が作ってくださったことがよく分かる愛にあふれた空間になっていました。なかなか見ることができないレアな漫画原稿だったり、今回の展覧会のために作られた物もあって、見どころいっぱいの展覧会だと思いました」と話す。

日笠は「漫画は平面の紙の世界ですが、この展覧会ではすごく立体的で、アニメーションとは別の『いぬぼくの世界』が表現されていて、ほんとに素敵な展覧会だと思いました。キャラクターたちが素敵な表情で出迎えてくれて、『また会えたね』って声を掛けました。来てくれるお客様も同じ気持ちになるんじゃないかなと思いました」と思いを述べた。


また、一押しの展示を聞かれると、日高は「凜々蝶と御狐神との文通シーンですね。そのシーンがゾーンのようになっていて、この空間作りが本当に素敵なんです」、日笠は「うちの一反木綿くんですね。愛にあふれていて、立体感にあふれて本から彼らが飛び出しているみたいな表現がすごいです」とそれぞれ魅力を語った。

そして「藤原ここあ先生の生の下描き。これは感動的!今はデジタルの時代ですが15年前の生原稿ですから、丁寧さと愛おしさがそこに存在していますので是非見て頂きたいです!」と、両名共通の展示の見どころも紹介していた。

今回の展覧会ではオリジナルグッズも豊富にラインアップされている。
日高のお薦めグッズは凜々蝶と双熾がペアで楽しめるキャラクターの「おすわりぬいぐるみ」、日笠のお薦めグッズは野ばらがフィーチャーされた「メニアックトランプ」だそうだ。また、「いぬぼく展」と同時開催のコラボカフェにも話題がおよび、お薦めメニューとして日高は「凜々蝶&双熾のさくらクリームソーダ」、日笠は「野ばら&反ノ塚のホワイトカレードリア」を挙げた。

『妖狐×僕SS』の作品生誕15周年を記念する展覧会「15周年記念 妖狐×僕SS・藤原ここあ展」の東京会場は、6月24日まで松屋銀座8階イベントスクエアにて開催される。展示やオリジナルグッズなどが盛りだくさんの展覧会を、ぜひ会場にて楽しもう。

【開催概要】
展覧会名:15周年記念 妖狐×僕SS・藤原ここあ展
主催:いぬぼく展実行委員会
■東京会場
会期:2024年6月12日(水)~6月24日(月)
会場:松屋銀座8階イベントスクエア
時間:午前11時-午後8時
※6月16日(日)、23日(日)は午後7時30分まで
※最終日は午後5時閉場 ※入場は閉場の30分前まで
※営業日・営業時間が変更となる場合がございます。詳しくは松屋銀座公式サイトをご覧ください。

協力:TOKYO MX

■愛知会場
会期:2024年8月10日(土)~8月25日(日)
会場:名古屋PARCO西館6F PARCO GALLERY
時間:午前10時-午後9時
※最終日は18時閉場
※入場は閉場の30分前まで
※営業日・営業時間が変更となる場合がございます。

■大阪会場
会期:2024年9月6日(金)~9月29日(日)
会場:梅田ロフト4階イベントスペース
時間:午前11時-午後9時
※最終日は18時閉場
※入場は閉場の30分前まで
※営業日・営業時間が変更となる場合がございます。
(C)Cocoa Fujiwara/SQUARE ENIX