【ちむどんどん】賢秀からの60万円は「ファイトマネーの数十倍」という大金だった!

【ちむどんどん】賢秀からの60万円は「ファイトマネーの数十倍...の画像はこちら >>


 その金額に、家族全員が目を丸くして驚いたのも当然だったことだろう。


 5月12日放送のNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」第24回では、長男の賢秀(竜星涼)から送られてきた60万円もの仕送りに、比嘉家一同が驚く場面があった。


 多額の借金を抱えている比嘉家だが、ヒロインで次女の暢子(黒島結菜)は高校卒業を控え、東京のレストランで働きたいという夢を持っていた。その想いをかなえてあげたい母親の優子(仲間由紀恵)は勤務先の共同売店から300ドルの大金を前借り。姉の良子(川口春奈)も勤務先の小学校でやはり300ドルを借りていた。


 優子は借金相手で叔父の賢吉(石丸謙二郎)に300ドルを差し出し、借金の一部を返済するので暢子が東京に出るのを認めてほしいと懇願。しかしそれでは足りないようで、賢吉の妻が「せめてあと300ドルでもあったら違うんだけど…」とつぶやいたのも無理はなかったことだろう。


【ちむどんどん】賢秀からの60万円は「ファイトマネーの数十倍」という大金だった!
母親の優子は叔父の賢吉に300ドルを差し出して暢子の東京行きを懇願していた。トップ画像ともに©NHK



「その言葉に良子は『あと300ドルあったら暢子は東京に行っていいんですか!? 私も…』と言って立ち上がることに。ついに良子も虎の子の300ドルを差し出すのかと視聴者が思った瞬間、共同売店責任者の前田善一(山路和弘)が慌てた様子でやってきて、『これ開けてみて』と封筒を差し出しました。そこには1万円札の札束が入っていたのです」(テレビ誌ライター)


 その金額は実に60万円(約1666ドル)で、単純計算でも現在の300万円に相当。感覚的にはさらに大金だったはずで、比嘉家一同が目を丸くして驚いていたのも当然だ。