田中瞳アナ、WBSからサブカルコーデのギャップに「かわいいは正義」を確信!

田中瞳アナ、WBSからサブカルコーデのギャップに「かわいいは...の画像はこちら >>


 この落差には誰しもが「かわいいは正義!」と確信したに違いないだろう。


 5月17日放送の「モヤモヤさまぁ~ず2」(テレビ東京系)では、サブカルの聖地と呼ばれる東京・中野を訪問。さまぁ~ずと田中瞳アナの一行は、手作りのファンシーなグッズを扱うお店「花丸ショップ おやすみ」を訪れた。


 キッズからおっちゃんまで幅広い客層がいるという同ショップは、沖縄出身で24歳の“おやすみさん”が経営。派手な配色の手作り衣装はオジサン世代にも好評とのことで、さまぁ~ず大竹が「角刈りのオジサンが着ても似合いますか?」と訊ねると、店主はサムアップして「バッチリ♡」と自信満々だ。


 番組ではさまぁ~ず三村田中瞳アナの二人に似合うサブカル衣装を、おやすみさんにコーディネートしてもらうことに。すると普段はこの手の衣装チェンジ企画にノリノリな田中アナが、ちょっと不安げな表情で登場したのである。


「田中アナはグリーン基調の衣装を着用。上が緑×白のジャージで、中には青地に大きなアップリケが縫い付けられているセーターらしきインナーを着こみました。下は太いチェック柄の膝丈スカートで、少しだけ見えている絶対領域がファンの心をくすぐります。そして極めつけは、がま口のような肩掛けポシェット。サンリオの世界観を衣装に落とし込んだかのような格好は70年代テイストバッチリで、さながら50年前の美少女モデルが現代にタイムスリップしてきたかのようでした」(テレビ誌ライター)