藤田ニコル、真剣勝負の若手芸人に「ダサい」を連発した深いワケとは!

藤田ニコル、真剣勝負の若手芸人に「ダサい」を連発した深いワケ...の画像はこちら >>


 厳しい言葉をぶつけた裏には、彼女なりの“愛”があったのかもしれない。


 5月20日深夜放送の「ジロジロ有吉」(TBS系)では、お笑いコンビエルフ」の“はる”が、パッティングツアーというゴルフ大会に挑戦。ゴルフ未経験のはるだが、もともと体育教師を目指していたこともあり、大会までの2週間で5000回ものスイングを繰り返すなど真剣勝負に挑む姿勢を見せていた。その甲斐あって練習では初心者とは思えない精度のパッティングをズバズバと決めていたのだ。


 そして迎えた本番の大会。上位6名による決勝に進出したいと意気込んでいたはるだが、1番ホールでいきなりのダブルボギーを叩く始末。練習では8連続パットや15メートルのロングパットを決めまくっていたとは思えないほどのビビリっぷりを見せ、“本番に弱い”姿を露呈していたのである。


 そんなはるに、ゲスト出演の藤田ニコルは「ダサい」というイジりを連発していたというのだ。よもや芸歴で6年先輩という立場から、上から目線を発揮していたのだろうか?


「ニコルは決して、本番に弱いはるを責めていたワケではありません。試合開始前には『決勝に行ってほしい』と応援していましたし、短いパットを外しまくる姿にも『頑張って』『惜しい』などと前向きの声を掛けていたのです。それでもなおニコルは、あえて『ダサい』との声を掛けていたのではないでしょうか」(芸能ライター)


 球技系スポーツが得意なはるゆえゴルフウェアはけっこう似合っており、普段はめったに見ないスカート姿もハマっていた。見た目的にはさほどのダサさを感じさせなかったようだが、ニコルはあえて「ダサい」を連発することで、むしろはるを救っていたというのである。