【ちむどんどん】良子との縁談がブチ壊されるも、視聴者が「これで金吾は幸せになれる」と安堵するワケ!

【ちむどんどん】良子との縁談がブチ壊されるも、視聴者が「これ...の画像はこちら >>


 これって、丸く収まったってことでいいの!? 視聴者も判断に迷っているようだ。


 5月26日放送のNHK連続テレビ小説ちむどんどん」第34回では、比嘉家の長女・良子(川口春奈)が、教員仲間の石川博夫(山田裕貴)と結婚することを決意する姿が描かれた。


 前々回の放送で煮え切らない態度の博夫に見切りをつけ、熱烈に求婚してきた製糖工場の御曹司・喜納金吾(渡辺大知)との結婚を決断した良子。今回は金吾が両親を伴って比嘉家を訪れ、両家顔合わせとあいなった。


 そこに現れたのが、良子への想いを断ち切れない博夫。実は妹の歌子(上白石萌歌)が「幸せじゃないならネーネーを止めてください」と博夫にけしかけており、アメリカ映画の「卒業」さながらに「良子さんを、僕にください!」と土下座したのであった。


「両家の顔合わせという大事な儀式を台無しにされたにも関わらず、何よりも“比嘉家ファースト”の母親・優子(仲間由紀恵)は博夫を責めるどころか、良子に対して『ちゃんとお返事しなさい』とけしかける始末。案の定、良子は金吾に対して『あなたと結婚することはできません』と言い放ち、『私は石川博夫さんと結婚します』と宣言したのでした」(テレビ誌ライター)


 良子の心変わりは、比嘉家の視点で見れば大事な娘の選択を尊重した形だろう。一方の喜納家にしてみれば、大事な息子の縁談をよそ者に邪魔されたあげく、嫁に迎えるはずだった良子に間際で裏切られる形となった。