【ちむどんどん】大城房子オーナーの財産を、賢秀が絶対に相続できないワケ!

【ちむどんどん】大城房子オーナーの財産を、賢秀が絶対に相続で...の画像はこちら >>


 やはり賢秀の思い付きは、浅知恵に過ぎなかったようだ。


 6月7日放送のNHK連続テレビ小説ちむどんどん」第42回では、東京・銀座のイタリア料理店「アッラ・フォンターナ」の大城房子オーナー(原田美枝子)が、ヒロイン・比嘉暢子(黒島結菜)の親戚であることが判明した。


 暢子はフォンターナの取材記事が掲載された「東洋グラフ」を沖縄の実家に郵送。すると母親の優子(仲間由紀恵)が大城オーナーの名前を見て、父親の賢三(大森南朋)が亡くなった時に、4きょうだいの一人を引き取ってもいいとの手紙を送ってきた「東京の叔母さん」であることに気づいたのである。


 大城オーナーは賢三の叔母であり、暢子らにとっては大叔母にあたる。言い換えれば暢子にとって父方の祖父母の姉妹というわけだ。この事実が判明したことで、大城オーナーが5月23日放送の第31回にて、賢三の名前が彫られた包丁を見て「ちょっと因縁があるのよ」とつぶやいていた理由も明らかになった形だ。


「大城オーナーは暢子が血縁関係に気づいた後も『どこの出身とか誰の親戚とか一切関係ない』と断言。姪孫だからといって甘い対応はしない態度を明確にしました。一方で暢子は、大城オーナーが自分に厳しくするのは『親心』だと納得。東洋新聞社のボーヤ(雑用係)に出向させたり、おでんの屋台を任せられたのも『娘のように思って、可愛くて、立派な料理人に育てたくて』と納得していたのです」(テレビ誌ライター)