日本初披露! 6代目「シビック TYPE R」のプロトタイプが公開
拡大する(全11枚)
6代目シビック TYPE Rプロトタイプ

やっぱりきた! TYPE Rの血統は死なず!

 東京オートサロン2022の会場で、6代目シビック TYPE Rのプロトタイプの実車が世界初公開されました! カモフラージュが施されたこの車両から、現状わかることをご紹介しましょう!


日本初披露! 6代目「シビック TYPE R」のプロトタイプが公開
5代目シビック TYPE R(FK8型)

 シビック TYPE RはFF市販車最速の名を欲しいままにしてきた1台。現在、そのタイトルはルノー「メガーヌR.S.トロフィーR」に奪われており、その奪還が期待されている1台です。これまで、ドイツ・ニュルブルクリンクや鈴鹿サーキットでのテスト風景は公開されていたものの、マスコミを含め一般の目に触れることはなく、オートサロン2022でその姿が露わとなりました。


日本初披露! 6代目「シビック TYPE R」のプロトタイプが公開
6代目シビック TYPE Rプロトタイプ

 ボディーの各所から空力パーツが取り除かれ、随分スッキリとした印象。これはベースとなる9代目から10代目への進化と同じ傾向です。ただフロントフェンダー、リアフェンダーともに市販車よりもボリューミーな形状としています。


日本初披露! 6代目「シビック TYPE R」のプロトタイプが公開
6代目シビック TYPE Rプロトタイプのタイヤまわり

 タイヤは先代が245/30ZR29のコンチネンタル「スポーツコンタクト6」から265/30ZR19の「パイロットスポーツ4S」にチェンジ。近年、Hondaはミシュランを装着することが多いのですが、シビック TYPE Rもその例に漏れていないようです。注目は20インチから19インチへと1インチサイズダウン。そして幅を20mm拡大したこと。これが走行性能にどのように影響するのか注目です。フロントブレーキはブレンボの4ポッド、リアはソリッドディスクに片押しキャリパーと先代から継承されています。


この記事の画像

「日本初披露! 6代目「シビック TYPE R」のプロトタイプが公開」の画像1 「日本初披露! 6代目「シビック TYPE R」のプロトタイプが公開」の画像2 「日本初披露! 6代目「シビック TYPE R」のプロトタイプが公開」の画像3 「日本初披露! 6代目「シビック TYPE R」のプロトタイプが公開」の画像4
「日本初披露! 6代目「シビック TYPE R」のプロトタイプが公開」の画像5 「日本初披露! 6代目「シビック TYPE R」のプロトタイプが公開」の画像6 「日本初披露! 6代目「シビック TYPE R」のプロトタイプが公開」の画像7 「日本初披露! 6代目「シビック TYPE R」のプロトタイプが公開」の画像8
「日本初披露! 6代目「シビック TYPE R」のプロトタイプが公開」の画像9 「日本初披露! 6代目「シビック TYPE R」のプロトタイプが公開」の画像10 「日本初披露! 6代目「シビック TYPE R」のプロトタイプが公開」の画像11