ワイモバイルも解約金無料へ 新料金プランや新規割など提供

記事まとめ

  • ソフトバンクは「Y! Mobile」の2年契約と解約金を廃止することを発表した。
  • 現行の料金プランを見直し、最大12%オフになる新料金プランを公表した。
  • 「スマホベーシックプランS/M/R」ほか「新規割」を提供開始する。

ワイモバイルも解約金無料へ 最大12%オフの新料金プラン発表

ワイモバイルも解約金無料へ 最大12%オフの新料金プラン発表
2年契約と解約金を撤廃したワイモバイルの新料金プラン
 ソフトバンクは9月9日、都内で記者会見を開催し、サブブランド「ワイモバイル」の2年契約と解約金を廃止することを発表した。それに伴い、現行の料金プランを見直し、最大12%オフになる新料金プランを公表した。

 10月1日の電気通信事業法改正を受けた新料金プラン「スマホベーシックプランS/M/R」は、「S」が通信容量3GBで基本使用料が2680円、「M」が通信容量9GBで基本使用料が3680円、「R」が通信容量13GBで基本使用料が4680円。
 割引については、基本使用料を1年間毎月1000円割り引く「ワンキュッパ割」の申し込み受け付けを終了。代わりに新規契約/他社からの乗り換え(MNP)/契約変更するユーザー向けに、基本使用料を6カ月毎月700円割り引く「新規割」を提供開始する。
 いずれも契約期間がなく、契約解除料(9500円)も発生しない。新規割とおうち割光セット、または家族割引サービスを適用すれば、Sでは従来プランから12%の値下げとなる。
 月額利用料金は、Sが加入翌月~7カ月目まで1480円、8カ月目以降で2180円、Mが加入翌月~7カ月目まで2480円、8カ月目以降で3180円、「R」が加入翌月~7か月目までが3480円、8か月目以降は4180円。
 新料金プランの発表に合わせて、一部の販売価格を改定。「Android One S5」を4万9200円から2万9455円、「かんたんスマホ」を5万5200円から4万2546円に値下げする。また、36回分割支払いを導入して端末を購入しやすくする。
【関連記事】
Apple公式イベント目前!iPhone 8とXRの売れ行きは?スマートフォン週間売れ筋ランキングTOP10
楽天モバイルの携帯事業、10月の本格スタートは見送り 最初は5000人に無料で提供
ドコモ、売り切れ続出の「端末購入割引」 「Google Pixel 3」が約2万円
今秋発売の「Xperia 5」、“α”と“ブラビア”の技術をコンパクトボディに凝縮
「地デジ」に受信障害の可能性、携帯電話の700MHz帯の利用拡大で

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ソフトバンク 株価
BCN+Rの記事をもっと見る 2019年9月9日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ソフトバンク + 株価」のおすすめ記事

「ソフトバンク + 株価」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。