「ニトリの家電」ってどうなの?元家電量販店長が品定め

「ニトリの家電」ってどうなの?元家電量販店長が品定め
拡大する(全1枚)
ニトリの家電は調理家電がおススメ
 【家電コンサルのリテールマーケティング 特別編】 家電量販店が家具や日用雑貨を扱うように、家具・インテリアのニトリでも自社PBの家電製品を販売している。モノづくりにも定評のあるニトリの家電はどうなのだろうか。シングル家電商戦真っ只中ということもあり、話題の「シンプル家電シリーズ」を考えてみたい。

 家具・インテリアのニトリが1月9日に、32型でWチューナー内蔵のIPS液晶テレビを税別価格2万7182円で発売すると発表。全自動洗濯機や2ドア冷蔵庫、電子レンジ、炊飯ジャー、オーブントースター、電気ケトル、スティッククリーナーを含む新生活に必要な8商品が9万円以内でそろうとして話題になっている。
 筆者の結論からいえば、「一人暮らしに“食の楽しみ”が加わる調理家電はお薦め」だと考えている。その理由は次の通りだ。
 家電製品を購入する際に決め手になるのは主に、(1)機能、(2)デザイン、(3)アフターサービスの三つと、「価格との比較」にある。このときのベースとなる価格では、テレビや冷蔵庫、洗濯機といった大型家電などの配送・設置料も合わせて判断する必要があるだろう。
 ニトリの場合、自分で設置する場合は基本的に商品が宅配便で届くが、具体的な料金については店舗で確認してほしいとのことだった。ニトリの配送員が設置する場合は、冷蔵庫や洗濯機で価格に応じて4400~1100円の設置費用がかかる。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク