ドラレコ市場で半年ぶりにトップシェア逆転、コムテックを抜いたのは?

ドラレコ市場で半年ぶりにトップシェア逆転、コムテックを抜いたのは?
1月のドライブレコーダー販売台数シェア推移
全国の家電量販店やECショップでPOSデータを集計する「BCNランキング」によると、1月のドライブレコーダー(ドラレコ)の販売台数は前年同月比94.3%だった。増税の反動で12月は前年比で大幅減となったが、1月は前年並みにまで戻した。

メーカー別では、JVCケンウッドが25.7%の販売台数シェアを獲得し、コムテック(21.7%)を半年ぶりに逆転した。週次で推移を追うと、JVCケンウッドは前半こそ大きくシェアを落としたものの、右肩上がりに数字を上げ、1月13日週にコムテックを抜いた。
シリーズ別の販売台数シェアランキングは、コムテックの「ZDR-015」が安定の1位。注目は、エンプレイスの「NDR-RC175」が2位にジャンプアップしていることだ。同モデルは、2
カメラタイプながら1万円前後のお手頃価格を実現。コスパの良さから、ユーザーに支持されたようだ。(BCN・大蔵 大輔)
*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。
【関連記事】
ドンキの情熱価格、ジェネリック家電製品大賞でドラレコなど3部門受賞
増税の影響残るドラレコ市場、上位3社で唯一前年を超えたのは?
年末年始の帰省で必須のドラレコ、3番手のユピテルが急浮上
増税直後の反動は?ドラレコ市場の最新動向
増税直前はドラレコも特需に、売れたモデルの共通点は?

あわせて読みたい

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「ドラレコ市場で半年ぶりにトップシェア逆転、コムテックを抜いたのは?」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    使った人間が言う。JVCのドラレコはクソ。肝心な時に録画されていない。

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「家電」のニュース

次に読みたい関連記事「家電」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月14日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。