米Razerは、ゲーミングノートPC「Blade Pro 17」3モデルを、国内正規代理店であるデジカを通じて、アプライド、Amazon.co.jp、ツクモ、ドスパラ、パソコン工房、パソコンSHOPアーク、ビックカメラグループで7月3日に発売する。

 Blade Pro 17は、デスクトップPCクオリティのゲームプレーを実現するゲーミングノートPC。キャリブレーション済みの狭額縁ディスプレイをはじめ、強力なCPUやグラフィックスを採用しており、ゲームだけでなくクリエーティブ作業にも対応する。
 ラインアップは、リフレッシュレート300HzのフルHDディスプレイ搭載モデル「RZ09-03297J42-R3J1」「RZ09-03295J42-R3J1」と、タッチパネル対応4Kディスプレイ搭載モデル「RZ09-03295J42-R3J1」の3モデルを用意している。
 いずれの機種も、CPUにインテルCore i7-10875H、メモリ16GB、512GBのSSDを搭載し、インターフェースがThunderbolt 3(Type-C)×1基、USB 3.2 Type-C×1基、USB 3.2 Type-A×3基、HDMI 2.0b出力、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T準拠の有線LANポート、SDカードスロット、ウェブカメラなどを備える。