RFマウント採用のデジタルシネマカメラ「EOS C70」、EOS R用交換レンズが使用可能

RFマウント採用のデジタルシネマカメラ「EOS C70」、EOS R用交換レンズが使用可能
キヤノン、EOS Rの交換レンズが装着できるデジタルシネマカメラを発売
       
 キヤノンは11月中旬に、デジタルシネマカメラ「EOS C70」を発売する。

 EOS C70は、「CINEMA EOS SYSTEM」のカメラとしては初めて「EOS R」システムの「RFマウント」を採用したデジタルシネマカメラ。EOS R用の交換レンズ「RFレンズ」が装着可能で、11月下旬発売予定の別売マウントアダプタ「EF-EOS R 0.71×」を装着すれば、「EFレンズ」も装着できる。
 本体には、有効画素数約885万画素の4Kスーパー35mmCMOSセンサー「DGO(Dual Gain Output)センサー」を搭載し、明暗差の大きい環境でも像ズレがなく、豊かな階調を備えた4:2:2(10ビット)の4K映像撮影が可能で、映像処理プラットフォーム「DIGIC DV 7」によって、4K/120Pのハイフレーム動画をUHS-II規格に対応したSDカードに記録できる。
 SDカード用スロットは2基で、バックアップ用の同時記録やプロキシの同時記録、リレー記録、4K/2K同時記録など、多彩な記録モードを備えている。さらに、ディープラーニング技術によって開発した被写体認識アルゴリズムを搭載することで、「デュアルピクセルCMOS AF」時に被写体の頭部を検出して安定した追尾を実現する。
 また、タッチパネルで素早く撮影設定を変更可能な「ダイレクトタッチコントロール」機能など、快適な映像制作を実現する、さまざまな機能を備えている。サイズが幅160×高さ130×奥行き116mmで、重さが約1190gとなっている。
【関連記事】
キヤノンがフルサイズミラーレス発売、「EOS R5」は7月下旬、「EOS R6」は8月下旬
なぜキヤノンとニコン、新フルサイズミラーレス相次いで投入?
「EOS R5」の意外なメリットを発見! クラウド連携で開かれる新たな可能性
ウェブカメラ対応ソフト公開 高画質なビデオ会議を可能に、キヤノンから
新型コロナで苦難のビデオカメラ、2020年上半期の販売シェアトップは?

あわせて読みたい

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月27日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。