生鮮食品のAmazonフレッシュ、物流拠点改革で従来より半分の最短2時間で配達

 Amazonは、Amazonプライム会員向けに生鮮食品をネット通販で届ける「Amazonフレッシュ」を7月14日にリニューアルオープン。物流拠点の改革により、従来は注文から最短4時間後の配達だったリードタイムを半分の最短2時間後に受け取れるようになった。

 Amazonフレッシュ専用物流拠点のシステムとオペレーション手順を改善した。配送エリアはこれまでと同様、東京、神奈川、千葉の一部地域。
 また、今回のリニューアルに伴い料金体系を見直した。これまでは、プライム会費に加え、月会費500円でAmazonフレッシュ会員に登録することで配送料が無料になるプランと、Amazonフレッシュ会員には登録せず配送料を都度支払う2つのプランを用意していたが、今後は料金体系を一本化し、対象エリアのプライム会員のユーザーであれば、追加会費は一切なしでAmazonフレッシュを利用することができる。最低注文金額4000円以上~1万円未満の注文の配送料は390円、1万円以上の注文の配送料は無料となる。
 さらに、東京都大田区、世田谷区、目黒区、狛江市、神奈川県川崎市(幸区、高津区、多摩区、中原区、宮前区)、横浜市(港北区)の一部エリアでは、1時間単位の配達時間帯の指定も可能となった。1時間単位の配達時間帯を指定する場合、4000円以上~1万円未満の注文の配送料は890円、1万円以上の注文の配送料は500円となる。
【関連記事】
シン・エヴァが日本で配信決定! Prime Videoで8月13日から
Amazon、第34回東京国際映画祭で「Amazon Prime Video テイクワン賞」を新設
IoT家電の現在と未来、創業5周年を迎えたプラススタイルの戦略
Amazon初の国内アパレルとの共同ブランド「LOOK by BEAMS mini」を立ち上げ
収納ボックス付きで持ち運びにも便利! 「Microfiber Towel」をアウトドアのパートナーに

当時の記事を読む

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「Amazon」に関する記事

「Amazon」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「Amazon」の記事

次に読みたい「Amazon」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク