買いか!見送りか? Fire TVユーザーが気付いたApple TV 4Kの良いところ&ダメなところ

買いか!見送りか? Fire TVユーザーが気付いたApple TV 4Kの良いところ&ダメなところ
拡大する(全1枚)
今回レビューしたApple TV 4K
 スマートフォンはずっとAndroid派だったが、小型のスマートフォンが欲しくてiPhone 12 miniを買ってみた。手の小さい筆者にはぴったりのサイズで快適に利用できているものの、今まで使っていたメディアストリーミング端末「Fire TV Stick 4K」との相性がどうにもよくなく、iPhoneで見ていた動画を大型画面に映すといった連携がうまくいかない。そこで思いきって5月に発売したアップルの「Apple TV 4K」に乗り換えることにした。
 本記事では、過去に使ったことのあるFire TV Stick 4KやChromecastとの比較も交えながらApple TVに初めて触れた筆者が感じたことを率直に述べる。
●そもそもApple TV 4Kとは?
 Apple TV 4Kはメディアストリーミング端末に属するデバイスだ。メディアストリーミング端末はテレビやディスプレイのHDMI端子に接続し、Wi-Fi経由で動画やゲームなどの各種コンテンツを出力できるのが特徴(Apple TVは有線LAN接続にも対応)。また、PCやスマートフォンとの連携も可能だ。
 AmazonのFire TV Stickや、GoogleのChromecastもApple TV 4Kと同種のデバイスだ。価格競争力はこの2つのモデルのほうが強く、最新モデルのFire TV Stick 4Kが6980円、Chromecast with Google TVが7600円なのに対し、Apple TV 4Kは2万1800円(32GBモデル)とおおよそ3倍近く高い。評価のポイントは、その価格差分の価値を実感できるかどうかだ。

当時の記事を読む

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「Apple」に関する記事

「Apple」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「Apple」の記事

次に読みたい「Apple」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク