ゲームセンター「SEGA」が消滅へ 「GiGO」に屋号変更

 GENDA SEGA Entertainmentは1月28日、セガから自社株式14.9%を取得し、持株比率が100%(議決権ベース)になったことを踏まえ、社名をGENDA GiGO Entertainmentに変更した。

 同時に、「SEGA」ブランドで運営している全国のゲームセンターの店舗名を「GiGO」(ギーゴ)に変更していくことを決定した。SEGAブランドのゲームセンターは消滅していくことになる。
 世界規模のパンデミックを経験し、非接触を前提とした生活様式が広がる反面、リアルな体験を求める声がますます高まっている。こうした状況を受けて、新ブランド「GiGO」は、リアルなエンタテインメントで人々の渇望を満たすオアシスであり続ける、という決意の表れとして「新創業」をスタートする。
 同社は、どんな時代であっても、人々の欲求を「リアルな場」で満たし進化し続けることが新しいゲームセンターの価値だと定義。セガのゲームセンターが積み上げてきた56年の歴史をこれからも大切にし、更に人々の欲求を満たすオアシスであり続ける。それを表すキーワードが「Get into the Gaming Oasis=ゲームのオアシスに飛び込め!」であり、その頭文字をとって「GiGO」としている。
【関連記事】
「池袋プロジェクト」第一弾の「セガ池袋」が本日オープン
GENDA、セガエンタテインメントの株式85.1%取得を決定
セガのソニックがアニメ化決定! 2022年にNetflixで配信
「ぷよぷよ!!クエスト」リニューアル第1弾、初のメインストーリーが登場
セガ、札幌市に開発スタジオを設立 ソフトウェア開発とデバッグ業務
編集部おすすめ

当時の記事を読む

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク