EPEIOS JAPANは5月16日~6月16日の期間、「EPEIOS(エペイオス)」ブランドから、自動ガーデニング機能(LEDによる光合成×自動水やり)を備えたテーブルランプ「TANIQUE(タニーク)」の先行予約販売(クラウドファンディング)を、「GREEN FUNDING」にて実施する。

 「TANIQUE」は、多肉植物や小型サボテンといった植物を、育成ライトと給水システムによって24時間自動育成できるテーブルランプ。ポップなデザインでインテリアにもマッチし、間接照明としても使える。
 本体の育成ライトは、1時間オン/1時間オフ、1時間オン/2時間オフの、2種類の周期をタイマーで自動運転するとともに、光合成を促進し植物を成長させる効果のある波長の短い赤色の光と、光形態形成を促して植物の正常な形成や広がりに効果のある波長の長い青色の光がまざった、紫色のLEDライトを採用している。
 デザインは、角型と丸型の2種類を用意しており、価格は両モデルとも先着50台限定の「超早割」が4950円、「超早割」終了後に販売を開始する両モデル先着80台限定の「早割」が5280円。
 なお、プロジェクトが成立した場合、6月下旬以降に一般販売を予定している。
【関連記事】
1万円以下の超コスパを実現! EPEIOSのコードレス電動回転モップ
超静音&大容量で除菌機能も搭載! MPOW JAPANから2万円切りの多機能加湿器
3000円で便利機能が満載! Epeiosから生産性を劇的に上げるコスパマウス
Amazonプライムデーで35%OFF! 近未来デザインのノンフライヤーオーブン
Epeiosから2000円切りの高機能マウス、2.4GHz&5段階のDPI設定を採用