ケン・コーポレーションは、横浜みなとみらい21地区で推進している大規模複合開発「Kアリーナプロジェクト(街区名称:ミュージックテラス)」で、同開発の中核となる「Kアリーナ横浜」の予約受付を6月1日に開始した。

 「Kアリーナ横浜」は、2023年秋の開業を予定しており、世界最大級の音楽アリーナとして、一般的なコンサートでは持ち込まれる演出機器を一部常設することで、使いやすさと環境への配慮を実現する。また、2万席のフルモードに加え、1万3000席のミドルモードも用意するとともに、フレキシブルな客席プランやアリーナ面をスタンディングとした利用にも対応し、理想のライブ・コンサートを叶える場所を提供していく。
 音楽アリーナとしての利用のみでなく、アリーナ面を活用したMICE利用についても併せて利用予約受付を行う。充実したファシリティを生かした大規模パーティーや発表会、講演会、eスポーツイベントなどの開催が可能となる。国際的な観光・MICE拠点の集積する、国際都市・横浜の新たなべニュー(会場、場所)として、横浜駅から徒歩圏内という優れた立地を生かすとともに、併設されるヒルトン横浜との連携も行い、ワンストップで利用可能な、多様なニーズに応えられる施設を提供する。
 また、ケン・コーポレーションでは、「Kアリーナ横浜」の運営・管理を行う新会社として、同社100%出資会社となる「Kアリーナマネジメント」を5月に設立した。「Kアリーナ横浜」のより円滑な施設運営ができるよう体制づくりに努めていく。

【関連記事】
さいたまアリーナで3年ぶりのクラフトビール祭典、「2022けやきひろば春のビール祭り」5月開催
広島市中央公園に「ACTIVE COMMUNITY PARK」設置へ、NTT都市開発やエディオンなど
横浜の世界最大級音楽アリーナ、名称が決定! ホテルブランドはヒルトンに
関西発のドローンサッカー常設アリーナ! 京都サンガスタジアムに登場
神宮球場、2036年までに建て替え 神宮外苑地区の整備が24年スタート