<家電量販店の「カフェ併設」の狙いを問う>“休日は自宅にいたくない”ニーズを来店動機に

<家電量販店の「カフェ併設」の狙いを問う>“休日は自宅にいたくない”ニーズを来店動機に
 物販や提供しているサービスとは別に、カフェを併設する店舗が増えている。最近、リニューアルや新規オープンした一部の家電量販店では、従来はなかった、オシャレな雰囲気の広いカフェがウリの一つだ。少しでも売上増につなげたい店舗側と、休日はなるべく自宅に居たくないという層のニーズが一致。人気店の行列に並ぶ一方で、買い物中は休憩するために別の店舗に向かう時間や体力すら惜しむ、「ハレ」と「ケ」を自然に使い分ける、合理的な消費者の姿が見えてくる。

●「土日は子どもが安全に遊べる場所に」 ファミリー層の切実な願い
 北欧発の家具と生活雑貨の専門店「IKEA(イケア)」は、北欧料理がリーズナブルに食べられるレストラン・カフェやフードコード(ビストロ)でも有名だ。名物のホットドッグ目的のリピーターも多いという。世界一の「店舗内カフェ」の成功例といえるだろう。
 見た目にインパクトのある「インスタ映え」する食事・スイーツは、その場でしか得られない体験・経験を提供する「コト体験」そのもの。さらに、味や店の雰囲気など、カフェ自体が評判になれば、客層を広げる効果が期待できる。
 また、幼い子どものいるファミリー層にとって、店舗内のカフェは別の価値をもつ。キッズスペースや、子どもがよろこぶクルマ型の買い物カートなどを完備し、子連れで安心して来店できる店舗は心強い。その中に、自分好みの食事・スイーツをゆっくり食べられるカフェや持ち込み可の無料休憩スペースがあれば、食事のために別の店に移動する時間をカットでき、さらに都合がいい。...続きを読む

あわせて読みたい

BCN+Rの記事をもっと見る 2018年4月1日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。