ロボットで教えるプログラミング──WROがロボット教育シンポジウム

ロボットで教えるプログラミング──WROがロボット教育シンポジウム
ロボットをプログラミング教育に生かす、参加者も体験
 WRO(World Robot Olympiad)Japanは7月21日、「第11回 科学技術におけるロボット教育シンポジウム」を東京・科学技術館で開いた。ロボットを使った若年者プログラミング教育の指導者や支援者のための情報共有や交流を目的として毎年開催しているもの。タブレット上でブロックをつなげていくことでプログラムをつくり、動作が制御できるロボット、レゴのマインドストームを活用したものを中心に、10件の事例が発表された。

 事例紹介に先立ち、リクルート次世代教育研究院の小宮山利恵子 院長が「人工知能(AI)とこれから必要とされる人材、学び」と題した基調講演を行った。小宮山院長は、すでにAIが活用されている例として、入社試験に数多くの応募があるリクルートを取り上げ、特に人材採用でAIを活用していると説明。「応募書類、適性検査、面接時のデータを元に5年後の給与や役職をAIで予測させると、87%の確率で的中する。社員に対しては鬱病の兆しをAIで判断させ、リスクの高い社員に対してはカウンセリングなどを実施、鬱病の予防にも活用している」と紹介した。また成熟社会で求められる人材像について「正解を得るための情報処理能力ではなく、納得できる解を導く情報編集能力が必要になってくる」などと話した。
 事例紹介では、阪神電鉄の100%子会社のミマモルメや読売テレビが出資するプログラボ教育事業運営委員会の勝山裕子氏が「鉄道会社が取り組むロボット教育」と題して発表。「教育版レゴ マインドストーム EV3」を活用した、子ども向けロボットプログラミング教室「プログラボ」について説明した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

BCN+Rの記事をもっと見る 2018年7月24日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「3Dプリンタ」のニュース

次に読みたい関連記事「3Dプリンタ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら