【秋田「地名」ケンミン性】齶田(あぎた)——古代、阿倍比羅夫の蝦夷征討に由来をもつ県《47都道府県「地名の謎」》

【秋田「地名」ケンミン性】齶田(あぎた)——古代、阿倍比羅夫の蝦夷征討に由来をもつ県《47都道府県「地名の謎」》
       

 日本の地名は世界でも稀に見るほどバリエーションが豊富。
 地名の由来を探ると、多様な地形、自然を愛でる表現性、ふるさとを思う民俗性など、この国の原点が見えてくる。
 読者のみなさんの故郷はどちらですか? 地名は・・・?
 日本人ならなぜか初対面でも話が弾む出身地・県民性・そして地名雑学‼️
 ようこそ! 地名の奥深い世界へ‼️



■古代にルーツを持つ地名も

《秋田県の由来》古代の蝦夷征討に由来をもつ

 「秋田」という地名が、日本史上、最初に見られるのは『日本書紀』の斉明天皇4(658)年の条である。ここに阿倍比羅夫(あべのひらふ)が水軍を率いて蝦夷地へと遠征し、現在の秋田市周辺と考えられる「齶田(あぎた)の浦」に着いたことが記されているが、この「齶田」こそが「秋田」のルーツとされている。
 その後、天平宝字5(761)年には日本最北の古代城柵として秋田城が設置され、平安時代にかけて東北経営の重要な拠点となった。
 その後久保田藩を秋田藩に変え、今に至る。



《地名の由来》◉阿仁(あに):平安期の大兄と小兄

 平安時代に米が沢と釜が沢という地域に、高倉長者の嫡子・庶子がおり、大兄・小兄と称したことが地名の由来と伝わる。
 天正19(1591)年の朱印状にある「秋田郡小阿仁村」との表記が、史料としての初見。



◉川反(かわばた):武家地の反対側の川端

 現在の秋田市の中央を流れる旭川は、久保田城(秋田城)のすぐ西側に位置しており、武家地から見ると反対側にあることから「川反」という漢字があてられた。また、江戸時代から明治時代までは「川端」とも書かれた。


当時の記事を読む

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月29日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。