【そうだったのか!地名ケンミン性】大阪は「坂」にちなみ「土」を不吉に思う民衆の知恵で変遷した地名。梅田は「埋め田」が由来!《47都道府県「地名の謎」》

【そうだったのか!地名ケンミン性】大阪は「坂」にちなみ「土」を不吉に思う民衆の知恵で変遷した地名。梅田は「埋め田」が由来!《47都道府県「地名の謎」》
       

 日本の地名は世界でも稀に見るほどバリエーションが豊富。
 地名の由来を探ると、多様な地形、自然を愛でる表現性、ふるさとを思う民俗性など、この国の原点が見えてくる。
 読者のみなさんの故郷はどちらですか? 地名は・・・?
 日本人ならなぜか初対面でも話が弾む出身地・県民性・そして地名雑学‼️
 ようこそ! 地名の奥深い世界へ‼️
 今日はみなさんとともに三都の中心、大阪へ。大坂の「坂」が「阪」に変わったのは明治になってから。土を不吉に思う民衆の知恵が宿っているのです。



■「阪」は明治になってから



《大阪府の由来》「坂」にちなんで変遷した地名

 上町台地の北側を大江といい、そこの坂を「大江の坂」といったのが「大坂」と短縮されたという説、付近を「尾坂・小坂」と呼んだのが「大坂(オサカ、またはオザカ)」になったという説などがある。



 ちなみに江戸時代後期になると、「坂」は「土に返る」、つまり「死」を意味することから縁起が悪いとされ、「大阪」と書かれることが多くなった。



 「大阪」の表記が正式に使用されるようになったのは、明治時代に入ってからである。



《地名の由来》◉梅田(うめだ)埋め立ててできた田

 豊臣秀吉の時代、この地域は川がたびたび氾濫する低湿地だった。その後、周辺が埋め立てられて田畑になると「 埋(う)め田(だ)」と呼ばれ、のちに「埋」を「梅」の佳字に変えて「梅田」という地名になったとされる。



◉日下(くさか)日本の国名誕生の地とも

あわせて読みたい

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月18日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。