異端的正統派・深田恭子は何に「適応」できなかったのか【宝泉薫】

異端的正統派・深田恭子は何に「適応」できなかったのか【宝泉薫】
拡大する(全1枚)

 7月15日にフジテレビ系連続ドラマ「推しの王子様」がスタートする。主演は比嘉愛未。当初は深田恭子の予定だったが、適応障害を理由に芸能活動を休業することになり、降板したため、比嘉に変更された。



 適応障害といえば、雅子皇后が皇太子妃時代に悩まされたことでも知られる。平民から皇族になるという環境の変化に、適応しきれなかったことによる発症なのではと、世間では受け取られた。その診断を受ける直前には、当時の皇太子(現・天皇)が会見で、



「それまでの雅子のキャリアや、そのことに基づいた雅子の人格を否定するような動きがあったことも事実です」



 と、異例の宮内庁批判を行い、驚かせたものだ。



 また最近では、アイドルから心理カウンセラーに転身した中元日芽香が「ありがとう、わたし  乃木坂46を卒業して、心理カウンセラーになるまで」と題した本を出版。アイドル時代に適応障害で苦しんだことを告白した。インタビュー(Yahoo!ニュース)では、こんな発言をしている。



「乃木坂46に入ったのが中学3年の夏で、秋ぐらいからちょっと調子が悪かったです。人といるとなんだか体調が悪い感じ。『ちょっとお腹が痛いな』とか『変な汗かくな』とか、時々表れるようになって。(略)それが2016年の年末、乃木坂46の16枚目のシングルの時でした。連続で選抜に入れていただいたのに、この時はもう結構深刻で。現場に行く時間なのに家を出られない。現場に行っても表情が作れない。1人になれる所がないか楽屋をウロウロしたり。明らかに病院に行ったほうがいい状態でした」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク