タリバンが制圧後の「アフガンの実情」を現地出身の医師に聞く【レシャード・カレッド×中田考】第1回

タリバンが制圧後の「アフガンの実情」を現地出身の医師に聞く【レシャード・カレッド×中田考】第1回
拡大する(全2枚)

2021年8月15日、タリバンがアフガニスタンを制圧。「タリバンの恐怖政治が復活する」「タリバンは女性の権利は認めない」「米国の協力者は粛清する」等、それ以降も西側メディアは「タリバン=悪」説のプロパガンダに終始し、国際社会との協調を阻んでいる。一方、アフガニスタンでは今、食糧不足によって多くの子どもたちの餓死が出始めていること、また医療設備や医薬品の不足で国民の生活はさらに危機に瀕している報道はあまりに数が少ない。米国はもちろん、国際社会は今、窮状に喘ぐアフガニスタンを放置し続けているのが実情だ。イスラーム学の第一人者である中田考氏が新刊『タリバン 復権の真実』(KKベストセラーズ)を上梓。タリバンによるアフガン制圧の真相からタリバンの組織や思想までが、初めて詳細に語られている。今回、アフガニスタンのカンダハールで医療と教育の支援をしているレシャード・カレッド医師に、中田考氏がインタビュー。タリバンのアフガン制圧後の知られざる実情と、日本人へ向けたメッセージを読者のみなさんにはぜひ聞いていただきたい。





◉レシャード・カレッド



1950年生まれ。京都大学医学部卒、医学博士。アフガニスタン王国(当時)カンダハール出身の日本国籍を持つアフガニスタン人医師。関西電力病院、天理よろづ相談所病院、市立島田市民病院における勤務医を経た後、1993年より自身の開業したレシャード医院(静岡県島田市)院長。2002年4月に任意団体カレーズの会(静岡県静岡市)を設立し、同年7月より故郷カンダハールでの医療支援を開始、2013年9月26日にはカレーズの会が特定非営利活動法人として静岡市より認証を受ける。著書に『知ってほしいアフガニスタン』、『戦争に巻きこまれた日々を忘れない』、『終わりなき戦争に抗う』、『最後の時を自分らしく』がある。


この記事の画像

「タリバンが制圧後の「アフガンの実情」を現地出身の医師に聞く【レシャード・カレッド×中田考】第1回」の画像1 「タリバンが制圧後の「アフガンの実情」を現地出身の医師に聞く【レシャード・カレッド×中田考】第1回」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク