「3度目のブースター接種しますか?」そもそもなぜコロナワクチンは危険と言われるのか【松野大介】

「3度目のブースター接種しますか?」そもそもなぜコロナワクチンは危険と言われるのか【松野大介】
拡大する(全1枚)

日本でも3度目のブースター接種が勧められる今冬。接種後の強い副反応を体験した人、または「3度目で副反応がひどかったら‥‥」と不安な人は躊躇しているのではないか。コロナワクチン接種後死亡や副反応を報じないメディアについて評論を書いている元芸人の作家・松野大介氏が、警鐘を鳴らす6回目!







 前回書いたように、国内のコロナワクチン接種後死亡者数は1312人。(厚労省10/22発表)



 副反応者数は約2万7000人ですが、これは病院から厚労省に報告された数。3日間高熱でうなされた人が回復後に病院に報告に行き、「厚労省に伝えてください」と進言するケースは多くないと思われるので、副反応はこの数倍~数十倍と推察される。



 そもそもコロナワクチンは「なぜ危険だと言われているのか?」初歩的な本質を見る。





(1)治験が終わっていない



 ご存知の方も多いが、この人類初の遺伝子ワクチンは第四相臨床試験中であり、有効性と安全性が2023年5月までは不明。



 健康な人間の人体に打つワクチンは、当然のことながらまず安全性が担保されていなければならないのに、コロナワクチンに限ってはなされていない。





(2)人類初の遺伝子ワクチン



 私の文章よりも、信憑性を持っていただくためにここからは私が参考にさせていただいている大阪市立大学医学部名誉教授、井上正康さんの文章を引用させていただきます。



《今回 “遺伝子ワクチン” と呼ばれる薬は(略)コロナの遺伝子を接種して体内で生じたスパイクに対して免疫反応を誘導する遺伝子試薬である。(略)過去20年間にSARS、MERS、新型インフルエンザなどの強毒ウイルスに対してワクチンとして認可されたことは一度もなかった。》

編集部おすすめ

当時の記事を読む

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク