MMTを批判するエリートたちのどうしようもない愚民観
拡大する(全4枚)
写真・図表:BEST T!MES
■MMTブームは、エリートたちにとって、ちっとも面白くない。
MMTを批判するエリートたちのどうしようもない愚民観の画像はこちら >>
 

 MMT(現代貨幣理論)を巡る論争は、提唱者の一人ステファニー・ケルトン教授が7月16日に来日したこともあり、ますます盛んになっています。
(参考:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190725/k10012008501000.html

 MMTの主張を一言で言うと、「自国通貨を発行できる政府はデフォルト(財政破綻)しないので、高インフレでない限り、財政赤字を拡大してよい」というものです。

 なお、ここではMMTの詳しい説明は省きますが、ご関心の方は、下載の記事をご覧ください。
https://facta.co.jp/article/201908017.html

 

 もっとも、論争が盛んと言っても、政策当局はもちろん、経済学者、アナリスト、ジャーナリストの間では、MMT批判の方が、圧倒的に多い。
 つまり、政策に大きな影響を与えられる立場の人たち(いわゆる「エリート」)は、ほぼ全員、MMT批判者というわけです。

 普通であれば、これでは、MMTが陽の目を見ることは、まずないですね。

 ところが、どうも、いわゆる「エリート」ではない一般の人々の間では、SNSなどを通じて、MMTに対する理解や支持が広がりつつあるように感じます。

 これは、アメリカでも起きた現象らしいです。 

 実に面白いですね。

 いや、エリートたちには、ちっとも面白くない。


この記事の画像

「MMTを批判するエリートたちのどうしようもない愚民観」の画像1 「MMTを批判するエリートたちのどうしようもない愚民観」の画像2 「MMTを批判するエリートたちのどうしようもない愚民観」の画像3 「MMTを批判するエリートたちのどうしようもない愚民観」の画像4