なぜ「月見る月はこの月の月」なのか?~9月の行事を学びなおす~

なぜ「月見る月はこの月の月」なのか?~9月の行事を学びなおす~
拡大する(全6枚)
写真・図表:BEST T!MES
■中秋の名月とは?

 暑かった夏もようやくゴールに近づき、いよいよ秋。

 秋といえば――スポーツ、読書、美食と楽しみもいろいろだが、お月見も秋が本番だ。「中秋の名月」がやってくるからだ。

 「中秋の名月」とは旧暦8月15日の満月のことをいう。

なぜ「月見る月はこの月の月」なのか?~9月の行事を学びなおす...の画像はこちら >>
 

 「仲秋の名月」とも書かれるが、正確には「仲秋」は秋を初秋・仲秋・晩秋の3期に分けたうちの2期目にあたり、旧暦8月のことを指すので、8月15日をピンポイントでいう場合は「中秋」が正しいともいう。

 今年は9月13日が旧暦8月15日に当たるので、この日の宵に昇ってくる満月が「中秋の名月」ということになる(月の満ち欠けをもとにした旧暦では、おおむね15日はおおむね満月になる。今年は16日にずれ込むようだが、話がややこしくなるので満月として話を進める)。

 今から月見酒が楽しみだという方もおられると思うが、なぜ旧暦8月15日の満月が「名月」なのか、考えたことがおありだろうか?

 

 満月は旧暦8月15日ばかりではない。ほぼ毎月のように満月が現れる。
 筆者などは生暖かい9月の月より、皓皓(こうこう)とさえ渡る冬の月のほうが美しく思えるのだが、古来、名月といえば中秋ということになっている。

 古歌にもこう詠まれている。

“月々に月見る月は多けれど 月見る月はこの月の月”

 月づくしになっているので少々わかりにくいかもしれないが、「月(満月)は毎月見られるから一年の間には数多くの月(満月)を見ることにはなるのだけれど、月を見るのならやはりこの月(旧暦8月)の月(満月)だ」といった意味だ。


この記事の画像

「なぜ「月見る月はこの月の月」なのか?~9月の行事を学びなおす~」の画像1 「なぜ「月見る月はこの月の月」なのか?~9月の行事を学びなおす~」の画像2 「なぜ「月見る月はこの月の月」なのか?~9月の行事を学びなおす~」の画像3 「なぜ「月見る月はこの月の月」なのか?~9月の行事を学びなおす~」の画像4
「なぜ「月見る月はこの月の月」なのか?~9月の行事を学びなおす~」の画像5 「なぜ「月見る月はこの月の月」なのか?~9月の行事を学びなおす~」の画像6
編集部おすすめ

当時の記事を読む

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク