「自分のハガキが読まれた!」深夜ラジオに救われた不登校の夜

『星野源のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)の放送作家としても知られる寺坂直毅さんがラジオの世界にのめり込んだのは、不登校だった中学2年生の時。母親にラジカを買ってもらったことがきっかけでした。自らの投稿が読まれた時は「自分が存在しているんだ」とラジオに救われたそうです。定時制高校時代には、高校をラジオ局に見立てて通学していました。「好きなものを探してみて」と話す寺坂さんに、ラジオの魅力を聞きました。(『生きづらさを抱えるきみへ』withnews編集部/KKベストセラーズ より)

 僕の不登校は中学2年の夏頃から。言葉遣いをからかわれたりして、中学は大嫌いでしたね。学校に行かなくなる直前は、父親が学校に連れて行こうと、学校まで車で送ってくれていたのですが、私は休む理由がほしい。だから、朝食と少しの水を口に含んでおいて、校門前で吐いていました。嘔おう吐と のふりです。そして不登校が始まり、その後はその中学校には一度も行きませんでした。

 そんなある時、理由はわかりませんが、母がラジカセを買ってくれました。その頃は、昼夜逆転の生活。ふと深夜にラジオをつけたら『中居正広のオールナイトニッポン』が放送されていました。多分、『がんばりましょう』の初オンエアと言っていたという気がします。

「自分のハガキが読まれた!」深夜ラジオに救われた不登校の夜
 

 僕の中では、ラジオは夜中は放送されないものだと思っていたので、この時間に起きている人に向けてやっているんだというのがまず驚きで、それをきっかけにラジオを聴き始めるようになりました。ラジオには「居心地のよさ」みたいな感覚がありましたね。不登校時代で一番悩んでいた頃、あるFM番組のDJが「学校なんて行かなくていいんだよ」って言っていたんです。学校に行っていないと、「行かないといけない」って思うじゃないですか。地元だと後ろ指こそ指されなかったものの、「引きこもり」は生きづらかった。でも、DJのその言葉で、楽になった覚えがある。ラジオは、そうやって安らぎを与えてくれました。


あわせて読みたい

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月7日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。