韓国芸能界の『うつ病芸能人』を生み出す土壌とは ~韓国人には精神疾患が多いというデータ~

 ちなみに、厚生労働省の調査によると、日本の精神疾患の患者数は、2014年の調査で約392万4000人。韓国の精神疾患者数がいかに多いかわかるだろう。

 うつ病の多さに伴い、韓国では自殺率も高い。経済協力開発機構(OECD)加盟国中で、韓国の自殺率は2003年から2016年までの13年間連続で上位にランクされるワースト記録を持っている。

 韓国統計庁の資料によると、2016年の自殺者は1万3092人で1日平均36人。40分に1人が自殺する計算になっている。

 この数字はOECD加盟国の平均12・1人に比べ、2・4倍に相当しており、日本の17・6人に比べてはるかに多い。

 2016年の韓国警察庁の資料によると、自殺の原因についても、1位はやはり精神的問題(36・2パーセント)となっている。韓国での自殺は交通事故による死亡率の2・5倍だ。

 こうした社会的背景がある韓国で、一般人よりも華やかで、目立つ存在の芸能人は、よほどに強靱な精神の持ち主でなければ生き抜いていけないようだ。

 多くの業界関係者や、芸能ジャーナリストなどが言うのは、韓国の芸能人たちは経済的なプレッシャーや、世論の圧力に耐えなければならず、常に緊張を強いられる精神状態にあるという。

韓国芸能界の『うつ病芸能人』を生み出す土壌とは ~韓国人には精神疾患が多いというデータ~
■強靱な精神力がないと生き残れない

 韓国芸能界の厳しい生存競争は、自殺の原因の一つであるといえる。

 韓国の芸能界では事務所とタレントの給与配分は一般に7対3、あるいは8対2の割合とされ、公演の経費も芸能人が自腹を切る場合があるという。


この記事の画像

「韓国芸能界の『うつ病芸能人』を生み出す土壌とは ~韓国人には精神疾患が多いというデータ~」の画像1 「韓国芸能界の『うつ病芸能人』を生み出す土壌とは ~韓国人には精神疾患が多いというデータ~」の画像2 「韓国芸能界の『うつ病芸能人』を生み出す土壌とは ~韓国人には精神疾患が多いというデータ~」の画像3 「韓国芸能界の『うつ病芸能人』を生み出す土壌とは ~韓国人には精神疾患が多いというデータ~」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク