光秀に関する通説は間違いだらけ!? 本能寺の変「黒幕説」の根拠とは

■穴だらけだった? いままでの本能寺の変にまつわる諸説たち
光秀に関する通説は間違いだらけ!? 本能寺の変「黒幕説」の根拠とは
信長を恨む光秀 『絵本太閤記』国立国会図書館

 天正10年(1582)6月2日、織田信長は京都の本能寺に滞在中、配下の明智光秀に強襲されて横死した。なぜ光秀が謀反を起こしたのかは、長らく日本史上最大のミステリーとされ、多くの説が提起された。また、2020年に光秀を主人公とした大河ドラマ「麒麟がくる」が放映されることもあり、にわかに本能寺の変が注目されるようになった。

 もっともオーソドックなのが怨恨説(光秀が信長の冷たい仕打ちに反発した)、不安説(光秀が自身の将来を悲観した)、野望説(光秀が天下を望んだ)であるが、いずれも二次史料(後世に成った編纂物)が根拠になるので、現在では否定的な見解が強い。

 近年では、各種の黒幕説が提起された。「朝廷黒幕説」は信長が朝廷に対してさまざまな嫌がらせをするので危機を感じた。そこで、背後で光秀に指示をして、信長を討たせたという説である。しかし、近年の朝廷研究によって、信長が朝廷に行ったことは嫌がらせではないことが判明したので、「朝廷黒幕説」は成り立たない。

 「足利義昭黒幕説」は、打倒信長を悲願とする足利義昭が事前に光秀とつながっており、その命によって信長を討ったという説である。ところが、この説の最大の欠点は、史料の誤読に尽きる。あるいは、史料の深読みのし過ぎである。現在、残っている史料からは、義昭と光秀が変以前につながっていたことを証明できない。


あわせて読みたい

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月19日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。