【緊急寄稿・山本一郎】安倍晋三政権を愛した財界のボス、コロナ対策から日本経済を守り抜く

 ■安倍政権を支えた男、葛西敬之
【緊急寄稿・山本一郎】安倍晋三政権を愛した財界のボス、コロナ対策から日本経済を守り抜く
写真:アフロ

 私の大好きな経営者にJR東海の葛西敬之さんという人物がおりまして、日本会議メンバーにして第二次安倍内閣樹立を文字通り支えた立役者である超大物財界人であります。ああ、こういう人がいるから日本経済はこうなんだなと思うんですよね。

 日本経済全体をロッテオリオンズとするならば、まさにそのローテーションを全力で支えた伝説の左腕・園川一美的な存在で、戦後最長の宰相となり日本の歴史に名を刻むこと間違いなしの「安倍晋三を支えた男、葛西敬之」ってのはみんなもっとリスペクトしたほうがいいと思います。

 やっぱり政府が「リーマンショック後を超える規模の対策」と銘打っている、4月7日に閣議決定されるという緊急経済対策を打ち出すまでは、日本国民がコロナウイルスに負けた、感染者が急増しているなどという「負け」を日本政府は認めるわけにはいかんのです。負けたと言うまで負けていないのが葛西流の凄みであります。そういう葛西敬之スピリッツにこそ、日本人の日本人たる尊厳が秘められていると思うわけですよ。さすが葛西さんさすが。

 最近だとNHK(日本放送協会)の会長人事に憚らず敢然と介入、JR東海のメインバンクで日本版サグラダファミリアと名高い超大型システムの完成を見ずに勇退したみずほフィナンシャルグループ元代表取締役・前田晃伸さんの起用を安倍さんに直接進言。人をしてみずほFGの疫病神と揶揄されつつも優秀な経営手腕と人柄で買われた人物も汚名挽回・名誉返上、見事にみなさまの視聴料をかき集める大組織のトップとして君臨することになるわけであります。立花孝志のような雑魚い反対運動など何するものぞ。このあたりを見ても、葛西さんには人を見る目があり、心眼を見極められる能力に長けているからこその活躍なのであったと、そう感じるのです。


あわせて読みたい

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月6日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。