南北朝合一のカギは「三種の神器」だった

皇位継承の証として歴代天皇が受け継いできた宝物「三種の神器」。その神宝をめぐって、平安末期と鎌倉末期に繰り広げられた2大紛争の実態に迫る。
二人の天皇が並び立った南北朝期。後醍醐天皇が携行した三種の神器は、南朝側が所持していた。しかし、その後南北朝の合一案が浮上した際に問題になったのは、北朝も三種の神器の保持を主張していることであった――。
南北朝合一のカギは「三種の神器」だった
八咫鏡(やたのかがみ)、草薙剣(くさなぎのつるぎ)、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)の宝物を「三種の神器」という。56年の分裂期を経て南北合一が成されるも…

 正平6年(1351)10月、今度は尊氏が南朝に和議を申し入れた。ここでもやはり問題となったのが、三種の神器の扱いである。
 すでに触れたとおり、北朝・南朝ともに三種の神器を保持していると主張している。『園太暦』正平6年12月9日条によれば、話し合いの中で三種の神器が話題にのぼり、北朝の持つ三種の神器が「虚器」つまり偽物とされている。
 結局、同年12月18日には、北朝から三種の神器はもちろんのこと、壺切の剣と昼御座の剣までもが差し出された。壺切の剣とは、立太子のときに天皇から授けられるもので、皇位継承者の証とされたものである。

 こうしてついに北朝の三種の神器が南朝に接収された。同月28日に三種の神器が吉野に戻ると、南朝では内侍所神楽を興行した。南朝がどさくさに紛れて、壺切の剣までも取り上げた意義は大きかったといえよう。
 その後も北朝と南朝は決裂したが、ようやく両者が合体したのは、明徳3年(1392)閏10月のことである。その立役者は、第3代将軍足利義満であった。この時の条件で重要なのは、「三種の神器を南朝の後亀山天皇から、北朝の後小松天皇に『譲国の儀』によって譲渡すること」である。


あわせて読みたい

BestTimesの記事をもっと見る 2018年2月18日のライフスタイル記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。