倒産した“優良”医療法人・誠和会、不正取引発覚で刑事告発か…元理事長へリベート供与も

倒産した“優良”医療法人・誠和会、不正取引発覚で刑事告発か…元理事長へリベート供与も
       
 東京スカイツリー眼下にある墨田区の白髭橋病院などを経営する、医療法人社団「誠和会」グループの倒産から約1年が経過した。一見地味な医療法人の破綻としてとらえられたニュースだが、その裏で、あるスキャンダルが囁かれている。


 この倒産によって、医療リース会社などの債権者が悲鳴をあげているが、同時に彼らからは、誠和会グループの元理事長や医療関連会社の統括責任者による“架空リース”という不正行為を告発する声が出ているのだ。

 白髭橋病院といえば、かつては「都内で最も経営が安定している病院」(外資系医療関係者)との評判もあったほど。 同病院は都内でも1、2を争う救急搬送の受け入れ(年約6000件)を行い、ホームレスの患者も拒絶しないという救急病院で、グループ全体で40億円の収入があったといわれる。その誠和会グループが、昨年6月に約49億5500万円の負債を抱えて、倒産。同年7月から、兵庫県の医療法人「伯鳳会」が主要施設の運営を引き継いでいる。

 白髭橋病院の元関係者は、「事の発端は平成18年当時発覚した看護体制の不備。所属する看護師数を水増しすることで、診療報酬を不正に受け取っていたんですが、それが発覚すると数億円の返還を求められた。このことから、資金繰りが悪化していったのだと思います」と語る。

 一方、ある医療リース会社のM代表は「資金繰り悪化後、誠和会のI元理事長は資金捻出のために、誠和会の関係会社で取引先でもあった医療機器卸業者の『グランド・メディカルシステム』の統括責任者S氏が企てた“架空リースでの資金づくり”に乗り、私腹を肥やしたことで倒産に追い込まれたんです」と告発する。


ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年7月30日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。