三井住友海上、社内で社員が首吊り自殺か~背景に上司のパワハラと、根強い旧社意識?

三井住友海上、社内で社員が首吊り自殺か~背景に上司のパワハラと、根強い旧社意識?
       
 ブラック企業にまつわる話は多く聞かれるが、それらの企業の多くは、新興企業や中小企業であるケースが多い。企業としての人員管理体制や内部告発制度などの不備はもちろん、従業員を犠牲にした利益追求などに原因がある場合が多い。

 一方で歴史のある大企業では、それなりの人事管理や従業員制度が整備されていることから、問題が表面化したり、外部へ流出するケースは珍しい。

 ところが昨秋、一流企業として知られる三井住友海上火災保険で、パワハラ問題に関連した内部告発文がマスコミ各社に寄せられ、話題を呼んだ。この告発文は三井住友海上の監督官庁でもある金融庁にも出されたが、その後の展開について話は聞こえてこない。

 告発文は、衝撃的な出だしで始まる。「三井住友海上・駿河台ビル新館で、自殺があった。43歳の営業課長が会議室で首吊り自殺をした。発見者は警備員であり、会社はかん口令を敷いている」というものだ。

 その自殺の原因を、この告発文では“社内でのパワハラ”と推論している。このパワハラの背景にある、同社の複雑さを理解していただくため、まず企業の概要を説明したい。

 同社は、2001年10月に三井海上火災保険と住友海上火災保険が合併して誕生した。いまだに、社内では“三井派”と“住友派”が派閥抗争を続けている。そんな状況の中で、この悲劇は生まれた。

 三井住友海上内では、2社の合併後も旧三井財閥、旧住友財閥の主要企業との取引は合併相手側には渡さない。旧社の派閥意識を抱えたままの体制となっている。


当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ブラック企業」に関する記事

「ブラック企業」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ブラック企業」の記事

次に読みたい「ブラック企業」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年4月15日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。