株式会社メルカリが2013年7月にサービスを開始したフリマアプリ「メルカリ」。日本国内でのダウンロード数は7000万を突破し、累計出品数は10億点にものぼるという。

 圧倒的な利用者の多さと、それに伴う商品数の豊富さが魅力のメルカリは、今はもう市場で見かけることのないお宝アイテムから、多種多様なカテゴリーの新作アイテムまでさまざまな商品を網羅。思わぬ掘り出し物を見つけられる、まさにフリマ感覚が楽しいサイトだ。

 しかし、これだけ多くの利用者がいると、ちょっと怪しげな商品も出回っている。小中学生の子供を持つ保護者向けに読書感想文や図工作品などの「夏休みの宿題」の完成品が出品されてたり、ビジネスパーソンをターゲットに「通勤ラッシュ時の普通列車の座席に座れる権」が販売されるなど、ネタなのか本気なのかわからないモノもある。

 そんなトラブルを起こしそうな一部のアイテムも含め、とにかく数えきれないほどの商品が売られているのが魅力のメルカリだが、無数の商品の中から目当ての商品、しかも良品を見つけるというのは、なかなか骨が折れる作業。そんなメルカリで、安心に、そして賢く買い物をするコツをご紹介しよう。

出品者のプロフィールは必ず確認

 多くのフリマアプリでは取引完了後に、相手の対応を「良かった」「普通」「悪い」の3段階で評価している。その評価によって、優良な出品者かどうかを見極める指標になるのだ。メルカリはまさにこの記載通りで、「良かった」「普通」「悪い」の3段階で、取引完了後に対応がどうであったかを評価される。