税金94億円投入、和歌山市ツタヤ図書館誘致メンバーに国交省関係者がずらり…必要性を無視

 2014年3月4日に開催された和歌山市議会定例会で、一般質問に立った戸田正人市議は教育長に、「CCC株式会社に、実際にアプローチされてみてはいかがでしょうか?」と言い放った。

 前年、佐賀県武雄市にオープンしたカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)運営の図書館を「多くの市民に愛される図書館」とベタ褒めした戸田市議は、和歌山市でも同様の図書館を建設するべきだと主張。そのノウハウを持ったCCCに、図書館運営を任せたらどうかと提案したのだ。

 一議員が特定事業者の名前を挙げて堂々と利益誘導しているのは異例だが、もっと異例なのは、これに対して教育長が「(CCC社と)一度話を聞く機会を持ちたいと思います」と回答していることだ。事実、それから3年半後の17年11月、和歌山市は南海市駅前に移転する新図書館の指定管理者にCCCを選定。戸田市議の希望通り、和歌山市民図書館市は“ツタヤ図書館”になることが決まった。

 では、いつ、誰が、和歌山市民図書館の移転を目玉にした再開発のシナリオを書いたのか。具体的な動きがあったのは14年6月。南海電鉄、市、県の三者が、和歌山市駅前の再開発について定期的に話し合う「南海和歌山市駅周辺活性化調整会議」(調整会議)がスタートした。

 翌月からは、南海電鉄と契約を交わした建設コンサルティング会社のアール・アイ・エー(RIA)が、コンサルタントとして会議に毎回出席。8月には、ハコモノ建設に消極的だった大橋建一前市長が退任し、前年に60歳で県土整備部長を退職し立候補を表明していた尾花正啓市長が当選。これを境に、和歌山市駅前再開発は、それまでなかなか前に進まなかったのがウソのように、巨額補助金を活用した計画推進の動きが加速されていく。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク