「少年ジャンプ編集に女はなれない」ツイート騒動、集英社が“丁寧な”見解発表

 集英社の人事部が東京都内の私立大学の業界説明会で「『週刊少年ジャンプ』の編集になるには、少年の心が必要」などと話したという投稿が、Twitter上で賛否両論を巻き起こしている。投稿した学生は「女に少年漫画は理解できないと集英社の代表者に言われたの一生引き摺るな」(原文ママ、以下同)と心情を吐露したのだが、これをリツイートしたユーザーが「性差別反対」と主張したことで、批判が殺到。学生擁護派、批判派双方で「少年の心」の拡大解釈が進み、少年誌で描かれる「お色気シーン」といった表現の是非をめぐる論争に発展している。

明らかなジェンダー差別?

 学生は3日、次のように投稿した。

「私の大学に集英社の人事が来た時、『女性はジャンプ漫画の編集にはなれませんか?』て質問したら『前例がないわけではありませんが週刊少年ジャンプの編集には少年の心が分かるひとでないと…』と返されたの絶対許せない」

 学生の投稿に対し、性差別反対の立場から次のような意見が寄せられた。

「漫画に限らず、編集者に必要な属性や能力に性別は関係ない。集英社人事の回答は明らかにジェンダー差別。怒りを感じて当然です」

「この時代に、女性だからNGだと言う事は絶対に許されない。だから難しいという言葉で濁してるんだろうと思うけど、難しいという事は出来ないと逆手にとって、『少年の心』を持っていると主張しそれでダメなら『少年の心』は何かを説明させ、最終的に基準が女性だからでNGされたらコンプラ違反で勝てるよ」


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月6日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。