大阪地検、被告人逃亡事故相次ぐ…潜伏先の自治体に通知せず、地検トップは記者会見欠席

       

 大阪地検で、護送中の被告を取り逃がす事態が相次いでいる。世間を不安に陥れながら、検事正も出てこず、一切情報を明らかにしない高飛車な記者会見を開くだけだった――。

 11月9日午前4時頃、大阪府東大阪市の路上で、覚醒剤取締法違反などで起訴されていた大植良太郎被告(42)が河内署から枚岡署へ護送中に逃走した。11日午後2時頃に大阪市内の淀川にかかる十三大橋を歩いている姿を発見され、身柄が確保された。大植被告は保釈中だったが3度にわたり公判に出廷せず、保釈が取り消されて8日に収監されていた。

 この間、東大阪市の小学校などでは、児童が保護者に付き添われて登校するなど周囲は不安に陥っていた。しかし、潜伏していたとみられる大阪市には、大阪地検から何も伝えられていなかった。

 今回、ワゴン車には同被告のほか、地検の男女3人の事務官が乗っていた。女性は運転。2列目に男性の事務官1人、3列目に被告と男性事務官1人が乗り、両側から大植被告を挟むように座ることもしていなかった。「まもなく着きます」と2列目の事務官が枚岡署に電話している時、大植被告が「手錠がきつい。外してほしい」と申し出た。隣に座る事務官は言われるままに片方の手錠を外した。すると同被告は突然、暴れ出して2列目の席に飛び移り、ドアを開けて逃げようとした。2人で制しきれず、慌てて運転席から降りた事務官が外からドアを押さえたが、力負けして逃走してしまった。車のチャイルドロックもかけていなかった。結局、2日間の逃走後、加重逃走罪容疑で逮捕された。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月20日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。