悠仁さま在籍のお茶の水女子附属中、教諭による生徒への暴行事件を隠蔽…あばら骨折る重傷

 秋篠宮家の長男の悠仁さまが4月にご入学された、お茶の水女子大附属中学校(東京都文京区)で体罰が発覚するというとんでもない事件が発生した。共同通信によると、同校では9月中旬、30代の男性教諭が2年生男子生徒を足で蹴り、あばら骨を折る体罰を加えていたことわかったという。警視庁大塚署が傷害の疑いで教諭から事情を聴いていて、教諭は大筋で容疑を認めているという。

生徒を足蹴りして骨折させる

 報道によると、「教諭は放課後に生徒を足で蹴った。学校は 9月下旬に大塚署に相談。その後、臨時保護者会を開いて経緯を説明した。生徒は既に回復しており、教諭は自宅謹慎している」という。

 東京都内屈指の名門校で何があったのか。同校関係者は話す。

「報道にある通り、学校関係者と保護者には事件の詳細が集会やプリントなどで説明されていました。ただ、被害のあった生徒が重傷を負っていますし、国立の学校です。学校はなぜ公表しないのかなと疑問に思っていました。すでに事件から2カ月以上経っていますし、なぜこのタイミングで話が出てきたのか疑問ではあります。

 その間、令和関連の慶事もあったり、受験生向けのイベントなどもあったりしたので、外部から指摘がなければ穏便に済ませようとしていたのかもしれません。『教師にも事情があった』とか『昔、体罰は普通だった』という意見も目にしますが、少なくとも学校では暴力は絶対にダメでしょう。身をもってダメなところをしっかり説諭できる教員がいるからこそ名門なんです」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク